Facebookがモバイル向けにアプリセンターを開始。PCで探して、モバイルで使う。

トーチライト神部です。

昨日今日と、Facebookがモバイル向けサービスをたてつづけにアナウンスしています。そのうち、アプリセンターは早速開始となりました。

アプリセンター(App Center

PC向けのサービスとして普及したFacebook、モバイルへの本格対応の遅れから、Facebookを殺すのは誰か–モバイル世代への対応の深刻な遅れ – CNET Japan といった記事も出ています。しかしこのApp Center のローンチでスマートフォン対応は少し改善するかもしれませんし、“Facebookフォン”のうわさが再浮上 元iPhone技術者を積極採用 – ITmedia エンタープライズ という記事にあるようにiPhoneへの統合がすすんだり、アップル、Facebookを「iOS 6」に統合か – CNET Japan という記事にあるように、OSそのものにFacebookを統合してしまうという動きすらあるようです。

(下記は、このApp Centerのオープンに際しての開発者ブログのエントリです)

関連記事

さらにモバイル向け決済サービスも開始

単にiPhone・スマートフォン向けのアプリのディレクトリを公開するだけではありません。アプリ内の決済にも、Facebookを介在させようというとりくみもはじまっています:Facebook、新しいモバイル決済システムを提供開始 – CNET Japan

プラットフォーム展開も最終段階になると、結局どこがデバイスを提供し、どういうルートで顧客から売上を改修するかというパイの取り合いになるので、以前からGoogle、Amazon、eBayなどがその撮り合いをしてきました。そこに、後からやってきたFacebookがこのように参戦していくことで、どのような展開になるでしょうか。

IPOから値下がりを続けている株価も、このような取り組みや占有が進んでいけば、復活の兆しを見せるのかもしれません:米フェイスブック株、IPOから32%安-利用者調査を嫌気 – Bloomberg

Facebookに信用を与えるか否か

一ユーザとしては、あらゆる意味でFacebookを使うか・使わないかという判断を、コンテンツを消費するどこかの段階で判断しなければいけなくなる場面が来るでしょう。インフラとしてのFacebookを認めるか認めないか、それはかつて社会が通貨を信用するかしないかという判断を行ったときと同じようなジレンマがあるのかもしれません。みんなで信用すればそれは便利なものになるが、そこに実態はなく、いつそれが崩壊したりevilなものになってしまうかは、誰も保証ができないのです。

関連記事