Facebookキャンバス広告:重要項目と使用前に押さえておく点

20160224_001

Facebookはブランディングの新広告ユニットとして、奇抜でおもしろいフォーマットで商品やサービスなどの最新情報の披露を可能とした『キャンバス』をスタートさせました。キャンバス広告は、モバイル専用のインタラクティブかつフルスクリーン仕様で、あらゆる企業の商品やサービスの ベストアングルを引き立て、容易にユーザーの注目を最大限に引くことを可能にします。これによりユーザーのコンバージョン向上に繋がる商品の直リンクへの訪問率やリピート率への向上は可能です。
一言で説明すれば、Facebookキャンバスは.ビデオや画像、その他インタラクティブなコンテンツを搭載するウェブサイトのカスタマイズ可能なモバイルバージョンです。

特徴

キャンバスの広告ユニットは、他のFacebook広告フォーマットと違って広範囲に及ぶ商品カタログから一つのランディングページに誘導することが可能です。 広告主は、ビデオや画像、CTAなどのあらゆるコンビネーションをアップロードできます。Facebook広告としては、類稀な動的かつカスタマイズ可能なクリエイティブなのです。

単一フォーマットでストーリーテリングからコンバージョンまで

キャンバスでは、最大5つまでのフルスクリーンページを同一広告で利用可能とし、Facebook上、最新の広告スペースでストーリー風に商品を紹介することができます。ブランド紹介やメッセージング、商品プロモーション、更にはそれらをミックスしたものを単一の広告で展開できます。そのフォーマットで は、外部サイトへ誘導が可能なので、単なる広告だけではなく、実際の商品購入までのパスが仕組化されているのです。http://thenextweb.com/facebook/2015/06/23/facebooks-concept-for-mobile-ads-uses-rich-imagery-and-360-degree-views/#gref
20160224_002

どのデバイスにも対応したフルスクリーン仕様

キャンバス広告の特徴は、ローディング時間が極めて早いこと、そして、AndroidやiOsにシームレスに対応していることが挙げられます。Facebookアプリ内で使われる画像やビデオ表示のテクノロジーを利用することで、キャンバス広告では通常のモバイルウェブに比べて約10倍のスピードでローディングが可能と言われています。

広告制作は簡単

キャンバス広告のもう一つの特徴に容易に作成ができるという点があります。Wordpressを始め、他のCMSベースのサイト制作に精通していれば、非常に簡単に広告を制作することができます。広告の作成にあたっては、プログラミングやウェブデザインのスキルは特に必要とされません。また、細かいカスタマイズスペースも存在せず、搭載されているボタンやビデオ、画像フォーマットやテキストボックスをうまく使用することで見た目の美しい広告に仕上げることが出来るのです。

20160224_003

利用にあたってのTips

1ページ目に細心の注意を

キャンバス広告は非常にセンシティブな広告メディアである為、ファーストインプレッションは非常に重要になります。商品やロゴ、社名を1ページ目に表示することで閲覧者はキャンバスと広告内容を即座にリンクさせることが可能になります。

広告費は従来のFacebook広告フォーマットと変わりません

費用については非常に気になるところです。キャンバス広告は無料で作成することができ、コストストラクチャーも従来の広告と全く変わりません。余分に請求されたり、過剰に入札したりする必要は全くなく、従来のFacebook広告と同じように、予算と内容を事前に選択することができます。

公開前にプレビューを

キャンバスでは、他の広告同様、公開前にプレビューが可能です。但し、モバイルオンリーのフォーマットである為、プレビューはモバイル上だけに限定されています。一旦、キャンバスを保存、又は公開後は、異なるデバイスでもプレビューされることをお勧めします。

広告フォーマットの互換性・最適化

キャンバス広告のURLは「ウェブサイトへのアクセスを増やす」と「ウェブサイトでのコンバージョンを増やす」広告目的での両方に使われます 。これは、単なるクリックとウェブサイトへの訪問やコンバージョン(購入、見込み客情報、サインアップなど)の両方が必要に応じて最適化されるという意味です。

リポーティング機能

Facebookは「キャンバス閲覧の平均時間」と「キャンバス閲覧の平均%」のキャンバス用の2つのリポーティングメトリクスを提供しており、広告主はFacebook Business ManagerやPower EditorまたはFacebook APIを使用して構築されたプラットフォームで ユーザーの動向を確認することができます。今までと違って、第3者が提供する分析ツールと同時にランディングページURLパラメータ設定に関わる作業がなくてもユーザーの行動トラッキングは可能になることは従来の広告フォーマットとは異なるポイントです。

Facebookキャンバス広告の今後

キャンバス広告ユニットは未だにベータプログラムで、Facebookは現在、特定のブランドや企業でのパフォーマンスを測定しています。現時点では、世界中の約5%の広告主がテストに参加しており、完全な運用開始は3月以降の予定となっています。