Facebookキャンバス広告の作り方・出稿方法のご紹介

20170216_011

2015年6月にカンヌ映画祭で発表され、昨年1月にローンチされてからよく見かけるようになったキャンバス広告。

ハイブランドや有名企業向けの広告だと思っていませんか?リッチなクリエイティブから敷居が高いイメージを持ちがちですが、とっても簡単に作成ができ、ユーザーの利便性もとても高いフォーマットです。

このブログでも以前紹介していますが、今回は作成の流れについてフォーカスしてご紹介いたします。

今回のご案内がみなさまの広告やオーガニック投稿でご参考になれば幸いです。

まず、キャンバス広告の特長についてまとめてみます。注意事項もあるので、よくご確認ください。

(1)広告をクリックした後の、ビューの読込速度が直 接サイト誘導した場合と比べ10倍も早いので、圧倒的に離脱率が低いです。

(2)キャンバス内で使用可能なフォーマットが多岐に渡るため、簡易LPのようなリッチな見た目になります。

【注意事項】

· 配信が可能なデバイスはスマートフォン・タブレットのみ、PCへの配信はできません。

· 情報量が多く、キャンバス内での滞在時間が長くなるため、サイト誘導数が大きく減少します。

· レポーティング項目が他フォーマットと変わるため、KPIの設定には注意が必要です。

2.キャンバス広告の作り方

では、実際にキャンバス広告を作成する方法についてご紹介いたします。

(1)キャンバス広告の構成

キャンバス広告は、リッチな表現方法を実現するために設定方法も多岐に渡たり、訴求軸に合わせて自由に表現できるようになっています。

複数のフォーマットを組み合わせることにより、簡易LPのようなリッチな見た目になるので、ブランディング目的のみでなく、LPを用意するのが難しい企業様や単発キャンペーンにもおすすめです。

20170216_001

図1.キャンバス広告の構成例

追加できる機能は以下のとおりです。これらの順番の入れ替えは自由です。

  • ① ヘッダー
  • ② 静止画
  • ③ テキスト
  • ④ カルーセル
  • ⑤ 動画
  • ⑥ ボタン

(2)キャンバス広告の作成方法

さっそく実際の画面のフローと共にキャンバス広告の作成方法をご紹介していきます。

① 広告形式でキャンバスを追加

20170216_002

② ツアーをスタート

20170216_003

③ 名前:キャンバス名を追加

④ 設定:キャンバスのイメージカラー

⑤ コンポーネント:ここから順番に希望のフォーマットを選択

20170216_004

コンポーネント配置の順番を変えたい場合はドラッグ

20170216_005

⑥ キャンバスを保存して、プレビューで確認

キャンバスの保存を行うと、連携されているスマートフォンにプレビューのお知らせが入ります。

20170216_006

※作成者のFacebookページにお知らせが飛びます。

⑦ 確認後、問題がなければ終了

20170216_007

※ 終了すると、その後の変更ができなくなります。

⑧ 完了すると、広告作成ページにてキャンバスにチェックを入れて検索すると、作成済みのキャンバスがでてきます。

20170216_008

⑨ 最後に、テキスト・見出しを入力して完成

20170216_009

ちなみにオーガニック投稿から作る際は、こちらの画面からとなります。

① ページトップから、『写真動画をシェア』をクリック-『キャンバスを作成』を選択-+ボタン押下で開始

20170216_010

(3)クリエイティブハブについて

今回キャンバス広告のお話しをさせていただきましたが、Facebookには他にもたくさんの広告フォーマットがあります。

『実際につくってみたいけど・・・』とお悩みの方もいるのではと思います!そんな時に便利なのがクリエイティブハブです。

作成したモックを保存したり、URLで共有できたりと大変便利なツールです。こちらはまた改めてご紹介できればと思います。

終わりに

今回は細かい設定の条件やスペックではなく、単純な作成から出稿までの流れを書かせていただきました。

流れさえわかれば、あとは創意工夫で素敵なキャンバス広告が作れます!

ぜひ、自社の広告などでお試しいただければと思います。