KitKatがFacebookページをグローバルに統合し国内ランキングで一位に

トーチライトです。

今年の春頃から、Facebookがグローバル企業向けに自社の国別Facebookページを統合するテストを実施しています。

そんな中、ネスレ(NESTLÉ)が製造するチョコレート菓子KitKat(キットカット)のFacebookページが統合されました。この結果何が起きたかというと、なんと「いいね!」数の合計が835万人になり、日本語で情報発信しているFacebookページのナンバーワンになったのです。

2012年9月27日現在、各種Facebookページのランキングサイトでは、下記のようなランキングになっています。

Facebookページ分析ランキング

fbrank.main.jp 日本語 Facebookページ ランキング

このように、これまで圧倒的一位を誇ってきたFacebook Japan(527万人)を大きく上回っての一位。ランキングによっては、グローバル統合したFacebookページはランキングから除外するという決断も必要になるのかもしれません。

また、この各リージョンのページの統合にはいくつかの未解決問題があります。

  • どのような手順で統合されうるのかという情報がない
  • コンテンツの共有方法があきらかでない

ソーシャルページのグローバル統合について

グローバルで商品を販売したりコンテンツを展開している企業にとっては、マーケットの拡大のためにもFacebookでの情報発信は重視しておくべきとは思います。しかしながら、リージョンごとの細やかな展開を行うのと、ファン数の統合による一体化にすすむのかは、エンゲージメントの方向性を考えながら慎重に判断すべきかと思います。この統合に関してはメリット・デメリットがわかりやすい状態で、誰もが利用できるようになるとページ運用者側の選択肢も広がっていくのではないでしょうか。

(文:テクノロジー戦略部 神部竜二

http://www.dqx.jp/popup/item_code.php