ウェブとソーシャルメディアで盛り上がった2012ロンドン・オリンピック

トーチライトです。

期間中はたくさんの名場面・さまざまな出来事がありましたが、大きなトラブルや心配されていたテロ事件が起きることもなく、2012年のロンドン・オリンピックは無事終了しました。一部のオンラインメディアでは、今回のオリンピックは「ソーシャル五輪」とも呼ばれ、観客、視聴者、スタッフ、そして選手までもがモバイルデバイスを片手につぶやいたオリンピック期間となりました。その結果、様々なデータが上がってきていますので、かんたんにそれらの記事やサイトをおさらいしてみましょう。

リアルタイムでオリンピックの盛り上がりを計測した「Cheer For London」

トーチライトが提携しているSocialbakersでは、その新しい製品「Listening pro」のプロモーションの一環として、「Cheer For London」というリアルタイムオリンピックトレンドの計測ツールを期間中公開していました。下記のキャプチャは日本時間の日中なので、あいにくあまり盛り上がっている瞬間をとらえたものではないですが、二週間前後の期間が終わってからではなくリアルタイムでデータがアウトプットされてくるというのはまさしくオリンピックらしいライブ感を感じますね。

今回は特別なイベントにフォーカスされたものでしたが、今後はあらゆるイベント、もしくは日常のリアルタイムトレンド計測においても、こういった技術・表現が使われる機会が増えるかもしれません。

期間終了後の様々なデータ – Twitterでは一億ツイートを突破

友人関係がなくとも、興味の共通点だけでつながることができるTwitterは、まさにオリンピックでの「感動の共有」に最適なツールでした。例えばFacebookではオリンピック選手と友人であるか、あらかじめフィードを購読している必要がありますが、Twitterではテレビを見ながらつぶやけ、また試合の結果がリツイートで回ってくればそれをまたリツイートすることもできます。

つぶやきの内容が不適切として出場資格を失った選手も出るなどもったいない側面もありましたが、結果として1億を超えるツイートが発信され、オリンピック出場選手のフォロワーが伸びる結果となったそうです。これらのフォロワーは、オリンピックが終了したとしても残るものなので、引き続き選手の活動を見守り、応援していくコミュニケーションツールとして活用されるとよいですよね。

期間中はFacebookページも盛り上がりを見せた

Facebookでも大会期間中に多くの選手のページのファンが伸び、また多くのブランドのキャンペーンが大会期間中に開催されました。

まず、アメリカ・ドイツ・フランスのアスリートのFacebookページのフォロワーがぐんぐん伸び、中には4000%(約40倍)の成長を見せた選手のページもありました。同時に最も話題にされた選手(People Talking About)のランキングでは、こちらもフランスの選手が強いものの、日本のハンマー投げ選手室伏広治氏も5位にランクインしています。大会成績に加えいろいろな側面で話題がありましたので、この順位となったのかもしれません。

オウンドメディアでも盛り上がったオリンピック

オリンピックを盛り上げていたのは、もちろんソーシャルメディアだけではありません。ウェブサイトの入り口ともいえるGoogleでは、日替わりでロゴを差し替え、なかにはハードル走やバスケットボールが遊べるゲーム形式のものまで登場しました。

さらに、オリンピック期間中に検索された競技(サッカー、バドミントン、レスリング)や、男子選手、女子選手のランキングも公開され、関心度と検索キーワードの相関性を感じさせるものになっています。

そしてオリンピックの「コンテンツそのもの」とも言える動画ストリーミングも、2.8ペタバイトという途方も無い転送量をたたき出しました。

「お祭り」とは相性の良いウェブとソーシャルメディアの世界

世界中でどんな出来事が起き、どういったかたちでウェブやソーシャルメディアに共有されるかはさまざまですが、こうした世界中で盛り上がるイベントにはの受け皿としては最適なもののひとつといえることは間違いなさそうです。リアルタイム性、非同期性、マルチメディア、そしてソーシャル性そのものが、世界を巻き込んだお祭りイベントと一体化して一つの舞台となり、ウェブの外でもソーシャルメディアの中でも盛り上がりを高めていたことが改めて印象に残る15日間となりました。

(追記)こちらの競技別スポンサー影響力を図示したインフォグラフィックスもとてもおもしろいです。

(文:テクノロジー戦略部 神部