ビジネスで Customer Identity Management が必要とされる理由

20160720_001

増加しつつあるチャネルやデバイス全体で顧客は、ますますパーソナル毎の個別なユーザー経験を期待するようになっています。

しかし、上記のようなレベルの関連性を実現させることは容易ではありません。有意義な顧客との関係確立とマーケティングROIの測定に必要な情報を得る上での一般的な障害が3つあるのです。

データベースは、データ主導マーケティングのために設計されてない

レガシーなデータベースは、今日の消費者のデータ量と多様性を管理するため、特に分析・クエリやセグメント化を簡単に行うために構築されてはいません。また、詳細なプロフィールデータを即座に使用するためにマーケティングやサービスのシステムと連携する能力はありません。

サードパーティーデータへの依存

複数のソースを用いて情報をつなぎ合わせると、サードパーティーデータは、不正確で不完全な顧客の分析を生んでしまうことがよくあり、これが関連性の無い顧客経験につながります。しかも、このデータはユーザーの許可なしに収集・売買されることがよくあります。

多様なチャネルとデバイスからの顧客を理解することは困難

従来のサードパーティークッキーでは、デバイス固有のブラウザ履歴からの断片的な情報しかえられず、その情報が既知のユーザーのものかどうかは分らないため、顧客が誰であるかはほとんど分りません。データは、多様なチャネルから収集されるため、組織全体のサイロに留まってしまいます。

20160720_002

CUSTOMER IDENTITY MANAGEMENT

20160720_003

企業が多様なデバイスからの顧客を登録・識別し、豊富な顧客プロフィールに集約して、サードパーティーのマーケティングとサービスのプラットフォームに統合することを可能にする一連のテクノロジー

顧客のアイデンティティは、現代のマーケティングの中核にあります。

ユーザーがサイトやアプリに登録してログインする際に、自己認識し、自己についてのありのままを伝える個人情報を共有します。このデータから、収益と顧客関係を成長させる、関連性のあるユーザー経験を構築するための豊かな洞察が得られます。

Customer Identity Management は、登録数を伸ばし、パーミッションによる顧客データを管理し、多様なチャネルやデバイスでのカスタマージャーニー改善に向けてそのデータを活用するための必要なツールを提供します。

顧客を知る

登録およびオンサイトエンゲージメントを通して顧客から直接収集される、ファーストパーティー、パーミッションによるアイデンティティおよび行動データからオーディエンスを真に理解

単一のカスタマービューを取得

多様なチャネルやデバイスから顧客が企業ブランドとつながりを持つ時に顧客を認知し、全ての活動を個々のプロフィールに戻して位置づけ、チャネルをまたぐ首尾一貫したジャーニーの作成を開始

データを結果に変える

データを簡単に分析、セグメント化、エクスポートし、よりパーソナライズされた経験を得て顧客に到達 。ROIの測定を容易にするマーケティングアプリケーションをまたいだ単一の情報源を維持

アイデンティティは、マーケティングが目指すものであり、GIGYA は、ユーザーを理解し、彼らに到達する方法の最先端を行っています。

ライアン・セギールデジタルコミュニケーション・マネージャー Dannon 社

詳細について知る

Customer Identity Management の詳細にご興味がありますか?
今すぐhttp://www.torchlight.co.jp/gigya.htmlをご覧になるか、http://www.torchlight.co.jp/contact.htmlよりご連絡ください。

この記事を書いた人

トーチライトソーシャルアドグループ
トーチライトソーシャルアドグループ
ソーシャルネットワーク広告を広く扱うスペシャル集団
0 返信

返信を残す


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>