ソーシャルログインに最も利用されるソーシャルIDは??(ソーシャルログイン最新利用動向 2013/10月~12月 GIGYA社提供)

001皆様こんにちは。

以前のエントリー(2013/11/14)に続き、オウンドメディアのソーシャル化プラットフォームのグローバルスタンダードであるGIGYAにおける最新の「ソーシャルログイン利用動向」(2013年10月~12月集計)がGIGYA社より発表されましたので、ご紹介させて頂きます。

※本データは、GIGYAサービスを導入している全クライアント(グローバルで700社超)での実績値を元にしております。原文はこちらになります。

【全体での傾向 & モバイルでの傾向】002

全体傾向としては、前回調査(2013年7月~9月集計)から大きな変更はなく、Facebookが依然として過半を占めていますが、じわりじわりとGoogle+がシェアを伸ばしてきています。(Google+は前回から+2%(全体)、+5%(モバイル))
モバイル(特にAndroid OS)では、ログインや決済(Google Wallet)におけるGoogle+アカウントの利用が馴染んできており、今後もGoogle+がアカウント(ID)プロバイダーとしてのシェアを拡大させていくことが予想されます。

【業態毎の傾向】
003

業態毎の傾向においても、前回調査と同様にFacebookが各業態において過半を占めており、また「EDUCATION/NON-PROFIT」領域以外では前回よりもシェアが若干伸びており、特に「TRAVEL/HOSPITALITY」領域では+9%と高い伸びとなっています。
Google+は、「MEDIA/PUBLISHER」領域では+3%の伸びとなっていますが、それ以外の領域では若干シェアを落としています。
今後はFacebookとGoogle+の2強となり、Google+がどれだけ追い上げてくるかが焦点となってくるのではないでしょうか?

最後に、前回調査では公表されていない地域毎の傾向も発表されておりますので、ご紹介しておきます。

【地域毎の傾向】
004

本件に関するお問合せなど、お気軽にご連絡くださいませ。
http://www.torchlight.co.jp/contact/
ソーシャルログインに関する詳しい情報は、こちらよりお願いいたします。