Twitterの新しい『広告マネージャ』のご紹介(第3回目)

20170119_010

今回も引き続き「広告マネージャ」についてお話します。2週間にわたって、広告マネージャ機能や旧管理画面との変更点を説明してきましたが、いかがでしょうか??2017年2月6日週に完全移行するので、このブログ記事を読んでまずは触れてみるきっかけになればうれしく思います!!

さて、前回は特定キャンペーンを選択した場合の広告マネージャ管理画面についてでしたが、今回はキャンペーンの設定についてご紹介します。

では、早速説明に・・・の前に、1点最初にお伝えすると、

キャンペーン設定に関しては、それほど大きな変更点はありません。そこで、変更点の有無を交えて説明をいたします。

① 新規キャンペーンの作成 旧管理画面と変更なし

広告マネージャの右上にあるキャンペーン作成で新規キャンペーンは作成できます。

(旧管理画面では新規作成(目的を選ぶ))

ボタンが変わっているのみで、従来の設定方法と変更ありません。

20170202_004

ただし、キャンペーンの目的に関しては、ほんの少しだけ変更点があります。

旧管理画面では、プルダウンでキャンペーンの目的を選択していましたが、広告マネージャでは下記のページに遷移してから、キャンペーン目的を選択するフローになります。したがってちょっとした手間・・・と感じる方もいるかもしれません・・・。

20170202_001

旧管理画面ではスクロールしてキャンペーン目的は選択できましたが、広告マネージャでは、上記のページに遷移します。このページから目的を選択して、キャンペーンを設定する流れになります。

② バルク作成の方法 旧管理画面と変更なし

バルク作成とアップロードに関しては、ほとんど変更点はありません。旧管理画面同様にツール⇒広告エディタで作業はできます。

20170202_002

バルク設定に関しては、やはり使いなれたツールをベースに・・・とのTwitterの配慮なのかな?・・という印象です。

では、最後に設定後の変更・編集に関して説明いたします。

③ キャンペーン設定変更 変更点あり!

広告マネージャにはクイック編集の機能が追加されております。

旧管理画面の場合、設定変更はキャンペーンフォームでの対応となっており、ちょっとした手間と感じていた方も少なくないと思います。特に予算変更に関しては、「日予算を変えるだけなのに・・・」「結構スクロールしないと予算までいかない・・・」など、多少なり不満を募らせていた方も少なくないはずです(実はいうと、私談!?の可能性もありますが・・)。

そんなあなた(私)に朗報です!今回の広告マネージャーでは、【クイック編集】が追加されており、容易に予算変更ができます。

入札金額の変更自体は従来通り、キャンペーンフォームからの変更なのですが、『掲載期間の変更』、『日予算の変更』、『総予算の変更』はクイック編集から変更が可能になりました。

20170202_003

旧管理画面の編集ボタン箇所にツールマークのボタンがあります。そこで選択する流れになります。

クイック編集以外は、キャンペーン編集、キャンペーンコピー、旧管理画面で開く(このボタンは完全移行したらなくなると思います)になっております。この部分については、旧管理画面とあまり変更点はありません。

以上がキャンペーン設定・編集の説明です。あまり大きな変更点はありませんが、ちょっとした点が変わっていると思います。設定する際にぜひご確認ください。

キャンペーン設定の次は広告配信ですね。そこで次回は、レポート項目・ダウンロード方法に関して説明していきたいと思います。最後までお付き合いいただきありがとうございます!次回もよろしくお願いします!