TwitterがFacebookページと同様の「Twitterページ」を開始

20151124_twitter_003

トーチライト神部です。

なんと、Facebookページ、mixiページ、Google+ページに続き、ソーシャル・ネットワーク・サービス上で企業がブランディングを行えるスペースとして「Twitterページ」がはじまるもようです(ちなみにLinked inも同様のブランドページを持っています)。

イメージとして、DELLやディズニーのTwitterページが紹介されています(画像はAdAgeとMashableから)

この他にも、アメリカンエキスプレス、ベストバイ、Bing、Chevrolet、コカコーラ、GE、ヒューレット・パッカード、インテル、JetBlue、Kia、マクドナルド、ナイキ、ペプシコ、Staples、ベライゾン・ワイヤレス、NYSE Euronext、ハイネケン、サブウェイ、パラマウント・ピクチャーズ(特にミッションインポッシブルのPRとして)がスタートアップパートナーに選ばれたもようです。

このように、一定数のユーザが集まったソーシャルメディアにブランドページを作る、というのはもはやソーシャルメディアとしては当たり前の動きになっていそうですね。トーチライトでも販売を行なっているinvolverは既にFacebookページ、mixiページ、Google+ページに対応していますので、Twitterページへの対応も期待していきたいですね。

Twitterのデザインリニューアルとあわせて、下記に関連記事をまとめておきます。

■関連記事