キャンペーンコンバージョン類似オーディエンス機能を用いた、Facebookいいね!広告事例

キャンペーンの概要

条件の説明

大手通信クライアント様におけるFacebookファン獲得を目的にしたFacebookいいね!広告キャンペーンの事例になります。
施策のKPIは「獲得単価」、「コンバージョン率」、「1日あたりのコンバージョン数」、「CTR」、です。 そこでより効率良く KPIを達成するため、2014年12月に当社のFacebook広告ツール「Sherpa」で提供開始した、新しいターゲティング機能 「キャンペーンコンバージョン類似オーディエンス」を利用し、獲得単価を抑え、獲得数を伸ばすことを目指しました。

サイトfacebook広告キャンペーンタイプ 某通信系クライアント様:ブランディング

ウェブサイトfacebook広告キャンペーンでの目標 いいね!獲得キャンペーン

ブランドサイト広告キャンペーンターゲット ウェブサイトカスタムオーディエンスからキャンペーンコンバージョン類似オーディエンス※に変更

サイトfacebook広告掲載 Page Like広告(Facebookいいね!広告)- モバイル・デスクトップニュースフィード

WEBサイトfacebook広告予算 ターゲット変更前、変更後どちらも同額予算規模

※当機能の詳細は下記説明ページをご覧下さい。
キャンペーンコンバージョン類似オーディエンス

 

キャンペーンの戦略と活用の流れ

課題:

当キャンペーンの課題として、ウェブサイトカスタムオーディエンスを利用し、10月まではいいね!獲得単価はCPA目標を守ることができていましたが、11月から12月にかけて、高くなる傾向があり、獲得単価改善が必要になりました。

流れ:

「キャンペーンコンバージョン類似オーディエンス」の効果を最大化するためには、できるだけ良い効果をもたらしたキャンペーンを基にオーディエンスを作成しなければなりません。そのため、いいね!獲得単価のKPIについて効果が良かった10月のキャンペーンを基にキャンペーンコンバージョン類似オーディエンスを作成し、12月後半のキャンペーンでターゲティングを切り替えました。

「キャンペーンコンバージョン類似オーディエンス」の効果を検証するポイントとして、新しく作成した12月後半のキャンペーンは、それまで効果が悪かった11月〜12月のキャンペーンで利用していたクリエイティブ、入札額、予算を同じにして配信を行いました。つまり、後述する結果はキャンペーンCV類似オーディエンスの純粋な効果となります。

キャンペーンコンバージョン類似オーディエンス事例

 

結果

以下のグラフでもわかる通り、ウェブサイトカスタムオーディエンスからキャンペーンCV類似オーディエンスに切り替えた日から、1日だけで広告効果は大きく変わりました。クリエイティブ、他の広告設定は同じですが、以前のターゲティング仕組み(ウェブカスタムオーディエンス)に比べてコンバージョン数が多く、いいね!獲得単価が抑えられました。また、オーディエンスが動的に改善していくことで、CTRやコンバージョン率も向上しました。

 

facebook広告成功事例

 

キャンペーンコンバージョン類似オーディエンス事例結果

 

キャンペーンコンバージョン類似オーディエンスを使った「Facebookインストール広告事例」はこちら

 

GIGYAに関するお問い合わせはこちら

この記事を書いた人

トーチライトソーシャルアドグループ
トーチライトソーシャルアドグループ
ソーシャルネットワーク広告を広く扱うスペシャル集団