Sherpa for Twitter 広告アカウント間のオーディエンス共有機能 「シェアラブルテイラードオーディエンス」を提供開始

News Release
2016年7月13日
株式会社トーチライト

Sherpa for Twitter 広告アカウント間のオーディエンス共有機能 「シェアラブルテイラードオーディエンス」を提供開始
〜複数ブランドのハンドル間で相互にオーディエンス利用が可能に〜

このたび、株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:矢吹 岳史、以下 トーチライト)が開発するソーシャルメディア広告配信プラットフォーム「Sherpa(シェルパ)」のTwitter広告配信機能である「Sherpa for Twitter」において、各広告アカウント間で保有しているテイラードオーディエンスを相互に共有することが可能になりました。

20160712_002

従来のテイラードオーディエンスは、Twitter広告アカウント毎に保有するものとなっており、その広告アカウントでしか利用することが出来ません。今回の機能は、そのテイラードオーディエンスを広告アカウント間で共有出来るものとなります(※1)。
これにより、複数の商品ブランドを保有する企業が、各ブランドのオーディエンスをブランド間でシームレスに利用することが可能となります。

・ ブランドハンドル毎のフォロワーなどのTwitterハンドルで作成したテイラードオーディエンスをブランド間で共有して利用する
・ 新ブランド立ち上げの際、既存ブランド毎のキャンペーンサイト訪問者(※2)などのリマケオーディエンスを共有して利用する
・ 複数のアプリタイトルを保有するアプリ事業社で、各アプリ内イベント(インストール、課金、キャンペーン参加等)(※3)のイベントベースオーディエンスを共有して利用する

などの利用シーンが考えられます。

(※1)オーディエンスを共有するには共有元、共有先相互のアカウントで権限認証手続きが別途必要になります。
(※2)Twitter広告で発行されるピクセルをサイトに実装していることが前提となります。
(※3)アプリ内イベントオーディエンスを利用するには、各アプリ内イベントを設定・トラックするTwitter モバイル 測定パートナーSDK またはAnswers SDKの導入が必須となります。

トーチライトは、今後も企業のソーシャルメディアマーケティングを支援してまいります。

以  上

<会社概要>

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役CEO 矢吹 岳史
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー34F
設立 2008年10月
事業内容 Sherpa事業、GIGYA事業、広告代理事業、広告運用事業
本件についてのお問い合わせ先
株式会社トーチライト
TEL: 03-5447-7160 e-mail: info@torchlight.co.jp
0 返信

返信を残す


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>