広告運用支援ツール「Sherpa」、Facebookカルーセル広告のCTAボタンに対応いたしました。

カルーセル広告(旧マルチプロダクト広告)は、PCでもモバイルでも、1つの広告ユニットで3つ~最大10の製品情報または画像を紹介することができる広告で、そのパフォーマンスの高さは過去にご紹介している通りです。

マルチプロダクト広告事例→

今回、弊社が開発する広告運用支援ツール「Sherpa」で、そのカルーセル広告の画像1つ1つにCTAボタン(Call to Actionボタン)が設定出来るようになりました。

 

 

Kawaii ハンドメイド商品を探すなら「Show by Show buy」!!

Posted by 株式会社トーチライト(Torchlight Inc.) on 2015年6月3日

 

 

このCTAボタンを設置することにより、各素材の訴求内容が強化されることはもちろんのこと、広告ターゲットとなったユーザのアクションをより促す効果が期待出来ます。
尚、ご利用頂けるのは現在(2015/6/4現在)のところAPI経由でのみ利用可能となっており、Sherpaをご利用頂いている広告主様、パートナー様に本機能を無償でご提供させていただきます。
また、Sherpaでは最大10素材(※)まで設定が可能であり、広告効果によって素材の表示を自動最適化致します。

(※)Facebook Power Editorでは最大5素材

今後もSherpaをご利用頂いている皆様に価値あるサービスを提供出来るよう邁進してまいります。