投稿

Facebookのアルゴリズムが変更に自社のブランド戦略にはどう影響する?

■ Facebookからのポスト活用についてのガイドライン

昨年11月にFacebookから発表されたニュースフィードのアルゴリズム変更に関して、国内外でも大きな話題になりましたが、今年1月、そのアルゴリズムが適用されるにあたり、改めて内容をリマインドしたいと思います。

この変更はブランドにとってどのような意義があり、どのようなポストを避ければ良いのでしょうか。

Facebookは、具体的に、次のようなポストに注意を促しています。

  • ただ単に商品やサービスの売上向上・促進を目標としているポスト
  • プロモーションキャンペーンやコンテスト等を目標としているポスト
  • Facebook広告と同様にコンテンツ・クリエイティブを使用しているポスト。

このたびのアルゴリズム変更の理由は、Facebookができるだけ高いユーザーエンゲージメントを守りたいことにあります。

友人からのポストと同じように、企業からのポストでも、ユーザーエンゲージメントが高くなりそうな投稿内容にすることで、他のポストに比べて高いエンゲージメントを得ることができるので、ニュースフィードに表示される優先度が高くなります。

そのため、企業は高いエンゲージメントを期待しているポストを投稿しても問題ないですが、完全にプロモーション関係のポストになると、リーチは低いので、広告として出すことをFacebookは勧めています。

■ 注意すれば、悪い影響を回避できる

以前行われたアルゴリズムの変更から、ポストのエンゲージメントがリーチにつながることは明確です。そのため、完全に売上げを促進するような内容のポストからのエンゲージメントはあまりよくありませんでした。
つまり、ブランドは直接、売上げや会員登録などを目標としてポストを投稿するより、ユーザーエンゲージメントを考慮した上で、コンテンツ戦略を決めたほうがいいでしょう。

新しいアルゴリズムからの具体的な影響はまだ不明なので、時折、あまりにプロモーション色の強いポストを投稿してしまうと、Facebookページの全体エンゲージメントに悪い影響がでる可能性があります。

■ クリエイティブに注意!

アルゴリズムの変更は、もちろんクリエイティブにも影響があります。以下の2つの投稿例を見ると、画像はほとんど変わらないですが、画像1のキャチコピーは明らかに売上げを伸ばすことを目標としているため、オーガニックリーチが下がってしまいます。

Facebookポスト活用

 

 

そのため、画像2のようなブランドバリューを表現し、ユーザーのエンゲージメントを促すような内容がおすすめです。画像1のような内容は広告を通じて投稿をしたほうがいいでしょう。

Facebook投稿活用

 

■ まとめ

今回のアルゴリズム変更は、これまでの変更のとおりFacebookサービスを最適化することを目標とされています。そして、もちろんFacebookのビジネスモデルの中心は企業ではなく日常のユーザーなので、今回のアルゴリズム変更はユーザーの満足度を考慮して導入されています。

一方で、企業は自身のFacebookへの活用を最適化するため、Facebookのルールに従いながら行動しなければなりません。
直接売上げを得ようとプロモーションするのではなく、自社のブランドコンテンツをクロスチャネルでエンゲージメントを推進し、ユーザーとのコミュニケーションを強化することをおすすめします。