投稿

Twitter広告の新機能「イベントターゲティング」とは?

Twitter広告の新機能「イベントターゲティング」とは?
7月23日にTwitterは広告主向けに新サービス「イベントターゲティング」の提供をスタートさせました。
今回はイベントターゲティングがどのようなサービスなのかを紹介します。

イベントターゲティングの主要な3つの機能

Twitter広告の新機能「イベントターゲティング」とは?
今回開始されたイベントターゲティングは、Twitterのカレンダー機能「モーメントカレンダー」と連動した機能です。
「イベントカレンダー」「イベントインサイト」「イベントアクティベーション」といった3つの機能があります。
Twitter社はイベントに関する話題やキーワードの分析に終始したわけではなく、「どのような人が」「どんな時に」ツイートを見たのか、そしてエンゲージメントはどのように推移するかのデータの分析も行ったようです。

この3つの機能を駆使することで、「ターゲットとのマッチング」「効果の予測」「キャンペーンの発信」が今までよりも容易になります。

【イベントカレンダー】
日本、アメリカ、イギリス、フランス、ブラジルの5ヶ国に関するイベントを検索できます。「花火大会」「音楽フェス」などさまざまなイベントを選択可能です。

【イベントインサイト】
ターゲティングしたイベントでリーチが見込めるユーザー数、性別、デバイスに関する実績データの閲覧が可能です。これらの情報から推測を重ね、より効果の高い広告を打ち出すことができます。
また、エンゲージメントが最も高かったツイートも確認可能ですので、どういった文脈のツイートがユーザーにより訴求できるかの検証がより精緻になります。

【イベントアクティベーション】
前述した2種類の機能を使ってターゲティングするイベントを特定した後に、この機能でキャンペーンを作成します。
既存のターゲティング(キーワード、言語など)とあわせて利用することができるのが特長で、これを使えば、イベントに興味を持っているユーザーをより細かく限定できます。

ベータ版での成功事例

Twitterは今回イベントターゲティング機能を発表するにあたって、ベータ版での成功事例を紹介しています。

イギリスのMindshare社は自動車メーカーと金融会社を、ウィンブルドンテニス2015と全英オープンゴルフ2015に興味を持つユーザーにつなげるためにイベントターゲティングを利用しました。
その結果、2社の平均エンゲージメント率は73%から110%へと大幅な改善が見られています。

現在はイベントターゲティングが始まってから時間が浅いのですが、この成功事例は広告主たちに大きな希望を与えたのではないでしょうか。

Twitterに関しての現状と有効活用するために

♦ Twitterを有効活用するために

TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワーキングサービスは、C to Cとしてだけではなく、今やB to C,B to Bツールとしても、欠かせないものとなっています。ユーザーが自発的に発信・閲覧し拡散をする、且つ視認性の高いメディアだからこそ、うまく活用すれば企業にとって重要なメディアとなります。
今回は、これらのソーシャルネットワーキングサービスの中から、Twitterに関しての現状と有効活用するためのポイントをご紹介します。事前にポイントをおさえる事で、Twitterをうまく活用したPRを実践していきましょう!

 

♦ 日本でのTwitter利用状況

 

● 日本国内でのTwitterの利用状況を性別、年代、職業別に見ていきましょう。

「スマートフォンでの利用状況」

twitter_gen_demog_mob

PCなどの他デバイスと比較して、スマートフォンでTwitterを利用しているユーザーは60%を超えています。 Twitterのみでは無く、ソーシャルネットワーキングサービス全体で見ても、昨年2014年1年間の間で、PCとスマートフォンの利用者数が逆転しております。いまや、スマートフォンはソーシャルネットワーキングサービスに欠かせないデバイスとなっています。

「男女別利用率」

twitter_gen_demogra_bvsg

他の代表的なソーシャルネットワーキングサービスにおいても同様の数値となっており、男女問わずにコミュニケーションツールとしてしている状況です。

「年齢別」

twitter_gen_demog_genUse

最も利用率の高い年齢層は10代~20代となっており、約80%が利用しています。 もはや、生活の一部に定着したサービスとなったと言えるでしょう。 他の主要ソーシャルネットワーキングサービスも同様に、10代~20代・30代くらいまでの利用率が高い傾向にあります。

各内訳をまとめると、スマートフォンをメインに利用し、男女比は約半々の利用率で、学生~若年社会人がメインユーザーとなっています。Twitterは若年層の利用が多い傾向にありますね。 本名ではなくハンドルネームという匿名性や、気軽に使える手軽さが、プライバシーを気にしつつも何かを発信したい傾向が津強い近年の若年層のニーズにマッチしていると考えられますね。

もう少し細かく分析すると・・・

スマートフォンでの利用率(アクティブ率)が60%を超えている状況です。 ユーザーがソーシャルネットワーキングサービスに関して、よりアクティブになる時間帯は、通勤・通学時、お昼、退社・帰宅時、夜がメインとなると考えられますが、夜以外の時間帯は、アクティブデバイスはスマートフォンである事が多いです。それが利用率にも反映されている形かと思います。また、Twitter利用率の高いメインユーザー「学生~若年社会人」に関しても、この傾向に当てはまります。 1ユーザーあたりが1日に長時間接触している巨大メディアに対しては、視認させて対象のWEBサイトまで誘導した後に、離脱を多く生み出さないためにも、スマートフォンへのWEBサイト最適化対応はとても重要なミッションになるかと思います。

 

♦ 有効的に活用するためのポイント

Part.1で記載したとおり、Twitterは若年層を中心に、前世代にわたり多くのユーザーが利用する巨大ソーシャルネットワーキングサービスです。では、このプラットフォームをビジネスにうまく活用するための大切なポイントは何になるのでしょうか? 以下で、その一部を見ていきましょう。

● ブランドのこだわり・アイデンティティーを明確するよう心がけましょう。

自らのTwitterアカウントが、どのようなコトを表現する場なのかを明確にしましょう。 ありとあらゆる事をただツイートするのでは無く、発信したい情報を適宜判断し、アイデンティティーを確立させる事で、ユーザーはその情報に興味を持ちやすくなります。

● ブランドに独自性を持たせましょう。また独自性を明確にわかりやすくしましょう。

アイデンティティーに近い部分がありますが、得意分野を確立させる事も大切です。 他では絶対に得られないような情報や、自社ならではの情報を盛り込み他社との差別化を図りましょう。

● ユーザー目線(受けて側)で考えましょう

情報を発信する際に、主観的にならずに常に受け取りて側(ユーザー)の目線に立って、情報発信をするように心がけましょう。
または、「こういう人に見て欲しい・フォローしてもらいたい」などの目的が明確な場合には、彼らがポジティブなるような情報を発信して、フォローから拡散までを期待しましょう。

● フォロワー(支持者)を認知して、傾向を分析しましょう。

どのようなユーザーがフォロワーになってくれているのかをしっかりと認識しましょう。認識する事で、発信する情報をカスタマイズする手助けになり得ます。フォロワーの興味関心を知らなければ、意味の無い情報を発信してしまいがちです。フォロワーからの拡散を期待する意味でも、フォロワー分析に力を入れましょう。

上記のように、ブランド自体の”価値”及び”独自性”をTwitter上で表現し、フォローする事でユーザーが「期待感」を持てるようにする事が大切です。 ただし、主観的な表現に終始してはいけません。実際に閲覧するユーザーの目線に立って表現していきます。 そして、ユーザー目線に立つ上で有益な手段が、「支持者を認知する事」です。どんなユーザーが自分たちのファンなのか、まずはその点をしっかりと理解し、彼らの目線に立って表現していけると良いかもしれません。

 

♦ Twitterプロモ商品を有効的に活用する。

● プロモ商品に投資する。

【プロモツイート】

tw_gen_promoTweet

自社の発信する情報と興味関心の近いユーザーやキーワードなどをターゲティングして、外部サイトへのクリックを促進させたり、リツイートで拡散を促すメニューです。 ターゲットしたユーザーのタイムライン上、もしくは対象のキーワードで検索した検索結果の上部に、広告ツイートが表示されます。

【プロモアカウント】

tw_gen_promoAccount

自社の発信する情報と興味関心の近いユーザーなどをターゲティングして、Twitterアカウント(@ハンドル)のフォロワーを獲得するメニューです。
「おすすめユーザー」やアカウント検索結果画面、スマートフォンアプリのタイムラインに広告ツイートが表示されます。

【プロモトレンド】

tw_gen_promoTrend

莫大な数のユーザーの目に触れさせる事の出来るメニューです。 ユーザーのタイムラインの横に目立つように表示されるので、非常に多くの人々の目に触れます。 Twitterで会話の糸口を作り、メッセージを広げ、その効果を他にも波及させるにはうってつけの場所です。 プロモトレンドをクリックすると、トレンドのキーワード / ハッシュタグの検索結果ページが表示され、その最上位に丸一日間、広告主の広告ツイートが固定表示されます。(1日につき1広告主様のみ)

 

ここまでTwitterの現状と有効的な活用方法を解説してきましたが、使い方によってはとても有益なプラットフォームですね!
広告展開に関しても、上記の特徴的な3つのプロモ商品をうまく活用して、「認知の拡大・フォロワー獲得・拡散」に繫げて行きましょう!

Twitterプロモ商品に関して少しでも興味をもたれた方は、是非一度お問い合わせください。

 

参考:

http://www.netratings.co.jp/news_release/2015/01/Newsrelease20150127.html

 

Twitterの自動再生機能付き動画広告が間もなく発表!Facebookの自動再生型動画広告とどう違う?

■ Twitter自動再生機能の概要

Twitter 自動再生広告動画Twitterが自動再生型の動画広告を検討しているというニュースが飛び込んできました。

タイムライン上にプレビュー動画が自動再生され、クリックすると課金されるしくみです。

昨年のメディアトレンドの一つに、動画へのシフトがありました。Yahoo!や Youtubeを含むGoogle, Facebookなど、世界の主なハイテク企業はこぞって動画の重要性を指摘しています。Facebookが公開したデータによると、2014年アップロードされた動画の数は、2013年に比べて3倍になっているそうです。

広告業界においては、YoutubeやAdWordsが提供しているCost-per-view (CPV)と同様に、Facebookの自動再生の手法が多く使用されています。Twitterが提供するという新しい動画広告商品は、この二つのアプローチを組み合わせてテストを実施しています。

■ Facebook動画広告の自動再生との違いとは?

Twitterの新動画機能とFacebook自動再生機能とで大きく異なる点はどこにあるのでしょうか? Twitterの自動再生はプレビューであり、ユーザーの興味によって動画をフルで視聴するかどうかを決めることができる仕様にあります。Facebookの場合、自動再生がスタートすると、最後までそのまま動画が続きます。

また、広告主の視点に立つと、Facebookの動画広告の自動再生型を使用する場合、表示に対して費用(CPM)が発生する、つまり動画再生が3秒を超えると課金されるという条件になっています。Twitterの場合、6秒の自動再生は「アイキャッチ」を目的としているだけです。ユーザーが「play」をクリックしない限り、費用(CPC)がかからないというわけです。

■ Twitterの自動再生機能付き動画広告の具体的な特徴

● 6秒プレビューアイキャッチ

Twitterの自動再生機能を使用すれば、広告主がユーザーの興味をもたらすための「6秒プレビュー」の時間を設けることができます。

● シーンの選択に柔軟性がある

Twitterの場合、6秒のプレビューは必ずしも動画の「最初から6秒間」である必要はありません。広告主は、動画のもっとも重要で、面白い6秒間のシーンを選択して、プレビューとして設定することができます。

● 自動再生は音声なし

ユーザーがクリックをするまで、音は出ません。また、クリックされるまで費用はかかりません。

● 長い動画も使用可能

Twitterの一般ユーザーがアップロードできる動画の長さは30秒に限られていますが、広告出稿の場合、10分程度の長さの動画を使用することが可能です。