新しいFacebookページは、テレビと紙媒体の長所をいいとこどり?各ジャンルのプレビューを検討しました

トーチライト神部です。

以前から予告されていたとおり、Facebookページのレイアウトが、「タイムライン」という形式に変更になることが発表されました。これから一ヶ月の猶予期間を経て、全てのページがUS時間の2012/3/30までに新レイアウトに移行するとのことです。

新しいFacebookページタイムラインの紹介ビデオ

まずは、次のページで紹介ビデオを見てみましょう。

Introducing the New Pages

新タイムラインを採用したFacebookページの数々

さらに、実際のブランドや団体によりライブプレビューが上がっています。順番に見ていきましょう。

その1.The New York Times新聞

まずはニューヨーク・タイムスのFacebookページです。なんと設立の1851年まで歴史を遡ることができます。当時の新聞のキャプチャも載っていて、おそらくタイムラインを導入したのはこれがやりたかったのでしょうね。最新のところに目をやると、直近の記事が速報で上がっています。

この形式ですと、エッジランクにより重要な記事がハイライトされテレビのようにダイジェストされ、なおかつ新聞のように閲覧性もあります。この組み合わせは、なかなかよいかもしれませんね。タイムライン化によりさらに明確化されましたが、つまりフェイスブックページには情報を上げれば上げるほどユーザによって重要な記事が無意識のボランタリーベースで選別されるという仕組みが備わっているというわけです。そこまで意図的なものかどうかはわかりませんが、なかなかに末恐ろしいしくみですね。

 

その2.Walmart(小売・消費者商品)

続いてウォルマートは、世界最大のスーパーマーケット。オレオや歯ブラシ、洗剤やTシャツ、キャップに至るまで雑多な入荷商品の紹介があります。これはいうなればリアルタイムチラシですが、これも多くの消費者の目をひいた商品になればなるほどページにハイライトされます。

リアル店舗では商品ごとにいかにキャッチーなPOPを書くかというこだわりが大事ですが、オンラインでもそれがもとめられるようになるわけです。たとえば、ヴィレッジヴァンガードの POP総選挙と同じようなユニークな才能がたくさんたくさん、必要とされるのかもしれませんね。

 

 

その3.Canlis高級料理店

カンリス・レストランはどうやらなかなかに高級なレストランのようです(参考:Canlis Restaurant « Y’s Diaryシアトルのベストレストランかな、Canlis)そういったロイヤリティの高いサービス業がソーシャルページ上で訴えかけることはなんでしょうか。

それは、オンライン・オフラインを問わない「すばらしい体験」ということになるのでしょうか、ページ上には雰囲気のいい写真や、ちょっと気取った表情のシェフたちの写真が掲載されています。きっと、さまざまなエピソードやお客様からの声なんかも紹介されているのかもしれません。これもタイムラインという全視覚的なフォーマットを最適に生かしたブランドの題材なのかもしれません。

 

その4.Hyundai Worldwide(車)

続いて車メーカーのHyundaiです。こちらも写真の要素が多く、オンラインのカタログのような体裁になっています。過去に開催されたクエスチョンの履歴が再発見されて、ユーザ参加の側面も強調されるという結果になっているようにも見えます。

新デザインにあわせてきた他のページと違い、こちらはまだボードイメージ(プロフィール画像)が縦型のままだったり、今後使えなくなるというウェルカムページが残存しているなど、若干行き渡っていない感じもありますが、これまで存在していたFacebookページをコンバートするとだいたいこんな感じになるのかもしれません。

 

その5.Livestrong(団体)

日本ではあまり聞きなれませんが「リブストロング」というがん(癌)患者、家族のための支援財団がるそうです(参考1:『がん患者、家族をつなげる支援コミュニティ~LIVESTRONG(リブストロング) の取り組み』/参考2:J SPORTS | cycle road race – LIVESTRONGとは?

Facebookで社会貢献系といえば、まっさきに思い当たるのは causes.com ですが、こちらはまだタイムライン化されていないようです。リブストロングのページは内容的にも派手派手しいものはなく、気持ちを落ち着かせるものや、他己を啓発するもの、応援するような雰囲気のコンテンツにあふれています。これもまたひとつの使い方ですね。

 

その6.People.com(マスコミ/ニュース/出版)

ピープル誌は、雑誌「TIME」から、人物特集コーナーのみがスピンアウトする形で創刊されたざっしだそうです(Wikipediaより)。有名人の「顔」が多く露出するメディアがFacebook上で展開するというのはなかなか面白い状況ですが、タイムラインをよーく見るとドキっとさせられるようなR15な写真も掲載されています。セレブリティの話題を多く扱うとはいえ、そういう意味ではゴシップ誌的な側面もあるわけで、これまで紹介してきたページにくらべれば随分やわらかいですが、そのあたりは硬軟合わせ持てるというアピールでしょうか。

そして、アメブロなどで上位に来ている有名人のページと同様、いずれのトピックもいいね!(Like)の付き方が半端ないです。やはり人は人に惹かれるという本能からすれば、ソーシャルメディア上の題材としては最も正しいのかもしれません。

 

とりあえず、のまとめ

そんなわけで、世界中を巻き込んでレイアウトの変更が行われるFacebookのブランドページですが、それが世界のネットメディアや、国内のマーケットにどれだけの影響を与えるのかはまだまだ未知数です。

こういったレイアウト編集は一種のコンテンツ世代交代を促進する側面も兼ねてしまいますから、以前は勢いがあったページも、このへんかについていけるほどの余力がなければ、残念ながら徐々にふるい落とされてしまうかもしれません。

日本国内では、まだまだ猫も杓子もソーシャルページを・・・というところにも至ってはいないと思うので、実は案外インパクトがなくて、次の春の予算から、新しいFacebookページにてスタートラインを切る企業やブランドも多いのではないでしょうか。もちろん、弊社トーチライト でもそういった展開のお手伝いをしていければと思っています(お問い合わせはこちら)。

ともかく、大事な事は多少のレイアウトが変わっても、そこで発信するコンテンツがなければなんの意味もないということです。見た目の変化に惑わされず、いかにつながりたい相手と長いお付き合いをするためのコンテンツをどうやって発信していくかを考えていく、といったあたりに今後も注力していきたいですね。

最後に蛇足ですが、本当にすべてのページが3/30までに変更されるかは未知数です。すでに完全に移行しているはずのfacebookプロフィールページも、まだまだタイムライン化されていないものは多く見かけますので。

『もう知らない人からのFacebook友だち申請は受けたくない!』そんなときの設定は?

20151116_003

トーチライト神部です。

facebookの友達申請、やたら知らない人ばかりから来て困る、もう自分のソーシャルグラフは十分にカバーしているし、申請ならこちらからするから、という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方のためのシンプルな設定を、ソーシャルメディア研究所 CEO & Founderの熊坂 仁美さんが公開していらっしゃいます(下記画像はエントリからの引用です)。

こちらの設定は「ホーム」→「プライバシー設定」に最近あらたに追加された項目のようです。多すぎる友達申請にな山されている方、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

「専業主婦」のfacebook的表現と学生の頃にケータイを持たなかった世代への救済

20151116_002

トーチライト神部です。

今日はちょっとした小ネタから。

Facebookではソーシャルグラフを構成するプロフィールで、多くの場合勤務先を入力するよう求められます。その際、数百人規模の会社となるとなかなかありませんよね。しかし、ある勤務先にはおそらくかなり多くの人が所属することができます。タイトルでネタバレしているとおり、それは「専業主婦」です。facebook上では「家庭主婦」と表現されている「勤務先」の参加者が最も多く、435人のメンバーを集めています。

専業主婦(主夫)のバリエーション

では、バリエーションを見てみましょう。

さらに、主婦とは書けない男性が使える(?)こんなバリエーションも

こちらも、百人単位の派閥を誇っていて、あなどれません。さらには

という強者も。

ここから想像されるのは友達ファインダーでの表示。うっかり無職で登録してしまうと、同じ会社で働いていた扱いになり「○○さんは無職で働いていました!無職で友達を探しましょう」という表示になってしまうことでしょう。ということで、実際には友達や同僚は見つけられませんので、事実であっても無闇に登録しないことをおすすめします。

本当の主婦はどこにいるのか?

では、専業主婦はほんとうにfacebookにいるのでしょうか?mixiにいるかもしれませんし、下記のようなママ友SNSにいるかもしれません。ともかく子育てと両立させるにはガラケー対応が必須。主婦はガラケーにいるのです。

mixiやfacebookは、学生時代にケータイを持たなかった世代の救済策に

このごろよく感じるのは、おそらく35歳以上の「中高生時代にまだケータイがなかった世代」がソーシャル・ネットワーキング・サービスを使ってつながるのは、もし当時携帯電話があったらつながっていたであろう友達たちであろうということ。この件は、次のブログに鋭い指摘が上がっています。

「現実問題として、学生時代にウェブ利用やケータイ所有が普及していなかった30代半ば以上くらいの年代になってくると、mixiにせよFacebook に せよSNSに参加している人の社会全体での比率はかなり小さくなってくるように感じるし、過去から続くリアルの人間関係をウェブ上に移している人もかなり 少ないだろう。学生時代からウェブが普及していなかった世代では、ライフステージの変化や生活環境・仕事状況の変化に合わせて、人間関係が自然に組み替え られていき、過去の人間関係が疎遠になることが多いからである。」

続けてこちらの部分も指摘が鋭いです。

50代以上になるとウェブを全く使わない人、会社を退職したら家族以外とは無縁化してしまう人も多いので、ウェブに移すべき『リアルの人間関係』が初めから乏しいという事も少なくない。高齢者も基本的には、夫婦・単身世帯だけで孤立しやすい社会構造があり、Facebookの広範な年代への普及のハードルとして『学生時代以降のリアルの人間関係が狭小化(減少)しやすい・中高年期になるにつれて人間関係が減少しやすい・主婦(主夫)を除く職業社会に上手く適応していない層が取り込みにくい』という日本独特の社会的要因も考慮する必要がある。

つまり、この抜け落ちた人間関係を補完できていないのでがいまのソーシャル・ネットワーキング・サービスであり、今後はそこの抜けた部分をどう補完していくかというのが、ソーシャルグラフに重きをおくサービスでは、そこの拾い上げが大事になるでしょう。Twitterはインタレストグラフ寄りなので「趣味が同じで違う人とつながる」ということが重視されることもあるでしょう。

ミクロなソーシャルグラフをサポートするSNSやアプリのとりくみ

では実際のサービスでの実装例を見てみましょう。

有名な機能として、facebookでは「大切な人たち」から家族を登録することができます。
mixiでも、2008年に参加可能年齢を15歳に引き下げ、家族ともマイミクとしてつながれるようになりました。

極めつけは、恋人同士でしか使えないというアプリHoneylemon

今後は、このようなミクロなソーシャルグラフをサポートするソーシャル・ネットワーキング・サービスやアプリが増えてくるのかもしれません。こういうとりくみによって、人間関係がより煩雑になる懸念もありますが、一方で実際に孤独死や人間関係の途絶による悲しい出来事が減るようだと、いいことかもしれませんね。

ローカルビジネスとソーシャルページの相性を考える

トーチライト神部です。

最近、ローカルビジネスのソーシャルページに注目して、あれこれと活動を行なっています。ローカルビジネスは、もともとは位置情報と連携したサービスとして様々なサービスが立ち上がっていました。ローカルビジネスは、リアルの人々を対象に出来る「リアルなコンテンツ」であり、それゆえにさまざまなサービスがここを押さえようとしているのも納得のいくところです。この一年でもこれだけのものが立ち上がっています。

(※位置情報はローカルビジネスを救えるか? – Social Media Experience より)

一応Googleも Google Places としてローカルビジネスをサポートしようと頑張っています(参考:Google Japan Blog: Google ローカルビジネスセンターが、Google プレイスに変わります)。プラットフォームとしては、現実に存在する事象やオブジェクトをネットの文脈に組み込むチャレンジになっているわけで、単にビジネスエリアの拡大という意味では、ここに積極的に取り組まない理由は見当たらないわけです。

■リアル店舗がソーシャルページを持つ意義

リアル店舗が位置情報サービスやソーシャルメディアにページを持つことには、どれだけの意義があるでしょうか。ある意味それは「ぐるなび」や「食べログ」の焼き直しであり、下手にクーポンなどを持たされるのであればこれまでの口コミサービスで十分、という考え方もあるでしょう。しかし、特にソーシャルページに考えれば、ファン、すなわちお店にとっての「常連」をストックすることにその仕組みを活用することができます。

かつてはお店探しは「口コミ」が信頼のおけるソースであることもありました。しかし、ソーシャル化のすすむ現状では、口コミはリアルタイム性が低く一過性であり、なおかつ「ステルスマーケティング」を見破るすべがないため信頼が置けません。どこの誰が、いつ書いたかもわからない情報を、誰が信用できるというのでしょうか。

そのかわり、位置情報やソーシャルメディアと連携したコンテンツであった場合には、「少なくともそのお店近辺に足を運び」「一定の信頼のあるソーシャルメディアアカウントによる発言」が期待できるわけです。なおかつ、お店を「いいね!」した人に対しては「いいね!」を押した常連としてエンゲージメントを続けることができるわけです。

さらに開設や維持費は無料なわけで、ローカルビジネスを行っている店舗やロケーションのオーナーにとっても、そこに参加しない理由はないというわけです。

もっとも、既存の口コミサイトもこの状況を黙って見ているわけではなく、たとえば下記ページのようにfacebookページを有る意味店舗には事後承諾という形で開設し、自社口コミサイトの影響力を止めようともしています。

鉄板焼バル ダイナーBACHI 渋谷店

■結局オンラインでも悩みは「集客」。解決方法は?

ローカルビジネスを実施する店舗の悩みは、なんといっても「集客」でしょう。まず、実際のお店に人が来なければ売上に直結しますので、チラシや広告、口コミなどあらゆる方法で集客を行います。その一環として、口コミサイトやソーシャルページの開設という努力も行われるわけですが、こんどはそのソーシャルページの「集客」に困るわけです。

特に日本ではソーシャルメディアそのものの集客力がそれほど高いというわけではありません。以前は「ググる」というネットで検索する行為自体に発想が及ばなかった人が多いように、リアルの店舗について気軽に探したり、フォローしたりするという文化そのものがまだ浸透していないように思うのです。テレビで見て友達と会話したりしたお店には言ってみるかもしれませんが、そこで知っている店をウェブやソーシャルメディアで検索してフォローするという流れを、誰もがやっているとはまだ思えません。

そのような問題を打破する方法には、いまのところ2つの方法があるかと思います。

①ソーシャルページを作って、そこに友人を招待する

電話帳から自動登録されるほうの「facebook places」の方では、実は友人に招待を送ることはできません。しかしソーシャルページでは友人を直接招待することができます。これであれば、積極的に検索しない人にもリーチできますし、友達が友達を読んでくれるかも知れません。

②イベントを開催する

既に招待できるひとは招待しきってしまった場合、お店を舞台にイベントを開催すれば、そこに人を集客することができます。また、アプリを通じて公式イベントを開催することもできます。これは一過性のものですので、招待する人ごとにエッジが立てられますし、何度でも開催することができます。

店舗イベント開催事例:(冬季限定)マシュマロ専門店「やわはだ」Cafeで肉球マシュマロラテを飲もう!ツアー

■ローカルビジネスのソーシャルページは基本人が集まらないが、そこにこわだってはいけない

と、あれこれがんばっても、リアル店舗ですので、フランチャイズでもない限りはそこにエンゲージしてもらうのはなかなか難しいものです。店舗型のソーシャルページで1000人を越えているものはなかなかなく、例えば、はんこ屋さん21 札幌行啓通店 公式フェイスブック くらいでしょうか。こちらは1,086人のファンを獲得しています。しかしながら、そのひとつひとつの「いいね!」は他のページのそれよりもはるかに重たいものであることを自覚できるはずです。

せっかくリアルの店舗という実体があるので、POPをおいたり、紙のチラシで存在を知らせたりすることも、案外効果的にはたらくかもしれません。そこは地道にがんばっていくべきところなのかな、と思います。ページに招待しておいて、来店したときに参加を促す二段階誘導も効果的かも知れません。それでも難しいときには、有料広告や広告ライクなサービスで誘導するという方法もあります。たとえば、次のような方法があります。

Facebookが無料のローカル広告 ビジネス再編すべての始まり【湯川】 : TechWave

Google、AdWordsのローカルビジネス向け簡易版「AdWords Express」を発表 – ITmedia ニュース

しかしながら、ウェブサイトのSEMと違い、リンクをクリックすればすぐに店舗に誘導されるわけでもなく、そこから「店舗に赴く」というワンアクションがどうしても必要になるため、オンラインに広告を出したからといって店舗誘導につなげるのはなかなか難しいでしょう。それよりは、せっかくつくったソーシャルページをまめに更新して、エンゲージメントの基礎体力を上げておくのが大事かもしれません。

そのうち、次世代自動販売機や街頭広告(OOH)によるデジタルサイネージから、リアルな店舗へのターゲティング広告のようなものがあれば、その時初めて投資の価値が出てくるかもしれません。

■ローカルビジネスをレッツフォロー&チェックイン

ともかく、お客さんあってのローカルビジネスという側面は切り離せません。普段あまり店舗検索でソーシャルページを探したり使ったことがないという場合は、一度視点を変えて「位置情報サービスやSNS上で店舗を検索してみる」「foursquareやfacebookでチェックインしてみる」ということにチャレンジしてみてはどうでしょうか。いままで知らなかったお店の裏話や、お得なチェックインクーポンが手に入るかも知れません。

特に年末年始の近づく折、ご実家へ帰省されたり地方に旅行される場合は、その地域独自のお店を探してみると、新しい発見もあるかもしれませんよ。

■参考:involverアプリを導入いただいているローカルビジネスのソーシャルページ

最後に、Involverアプリを導入いただいているローカルビジネスのfacebookページを紹介しておきます。

BAR cam・・・TwitterアプリとRSSアプリをご活用いただいています。

マシュマロ専門店やわはだ・・・クーポンアプリおよびYouTuTubeアプリ(店舗までの道順案内に利用)を活用いただいています。

ANA/Facebookページ、30万いいね達成の動画が素敵な件

20151116_005

ANAさんのファンになっています、企画室の川下です。

本日ANAさんのFacebookページが30万人達成、ということで動画がアップされていました。乗客向けの社内アナウンス風に、でも動画なのでこちらを向いていいねの御礼をする動画です。最近Facebookでは節目に写真で喜びを表現するフィードを送るページが増えてますが、動画だと、長く丁寧に乗客を思う気持ちを伝えられる上に、ANAさんの動画の場合、飛行機に乗っているかのような臨場感を味わうことができて共感が湧いてきますね。

シェアして1時間で沢山のいいね!がついてますが、シェアも13件と話題の高さがうかがえます。ファンへの御礼のタイミングは、単純にファン向けに情報を発信するだけではなくファンから友人へのシェアきっかけにもなったりするんだなぁと思いました。丁寧な社員メッセージを日々重ねた結果でもあるんでしょうね!

そして、更にその動画に、JALさんのFacebookページからコメントがwww

こういったオープンな関係をファン同士が共有できるのもスレッド型でコメントがみれるFacebookの特徴ですね。ともかく、ANAさん、30万人突破おめでとうございます。これからも素敵なシェアを期待してます。

参照URL :https://www.facebook.com/ana.japan

武雄市役所、Facebookページの閲覧数が素晴らしい件

20151116_004

武雄市役所 のFacebookページでシェアされていた熱い内容をご紹介します。

思わずニュースフィードでチェックしていいね!してしまいました・・・!武雄市さんには、巻頭のSocials+のトピックスでもご紹介させていただきました。

本日のウォールによると、武雄市役所 のFacebookページのインタラクションが1,000万を超えたそうです。
※ウォールへのリンクは、こちら

8月より開始して約3か月半ですが、WEBサイトで運営していた時には、1か月約5万件だったとのことでしたので単純に100倍以上ですね。

そのウォールへのコメントの内容もファンになっているユーザーさんからの応援メッセージがたくさんあって更に素敵だと思います。また、武雄市役所 さんの場合は、タブの数は20以上用意されていて、コンテンツ満載です。個人的には募金ページがとても印象的です。

こういった行政の事例はとても参考になりますね!

第2弾!THE Socials+配布開始!

こんにちは、企画室の川下です。

東京、福岡、大阪、名古屋と、DAC秋の媒体説明会にご来場いただいた皆様に
Socials+という冊子を配布をさせていただきました!

広告会社様、広告主様向けのソーシャルメディアトレンドをまとめた冊子です。
説明会中に手にとってみてもらえているところを間近にみると嬉しくなりました。

Socials+の内容は大きく以下です。

未発表の調査結果も含まれています。

———————————————————————————————————-
・ソーシャルメディア利用動向
⇒国内・海外の利用状況

・ユーザーとメディアの特徴
⇒ソーシャルメディアユーザー実態調査の結果を交えて。

・企業の活用法 
⇒ソーシャルメディアの3つのポイント、ソーシャルページの調査結果を交えて。

・プラットフォームトピックス 
⇒mixiページやTwitterのプロモ商品、Facebookのf8の発表内容抜粋

・取り扱い媒体一覧

———————————————————————————————————-

この中では今月末に販売開始する
オウンドメディアのソーシャル化ツールについても触れています。

Socials+はDAC、トーチライトのお取引先に配布させていただいております。

今後こちらをきっかけに社内勉強会をさせていただくこともできますので
是非お問い合わせください⇒ http://www.torchlight.co.jp/contact.html