コンテンツ=ネタ?なぜか最近バズってる「コンテンツマーケティング」について考えてみました

トーチライト神部です。

ひさびさに「バズワード」っぽいものに遭遇した気がします。

それは「コンテンツマーケティング」という単語です。

ちなみに、英語では単数形の「Content Marketing」という表記が一般的なようです。

■コンテンツマーケティングってだいたいどんな感じ?

ざっくり理解した感じだと、つまりストレートにプロダクトをプロモーションするよりも

  • 切り口の鋭いブログエントリや記事の投稿をし、拡散をする
  • (ゲーム・クイズなど)アプリやガジェットを使ったインタラクティブな手法の利用
  • 動画や音声で感覚にうったえかける手法の利用
  • 「まとめ」的性質をもったインフォグラフィックスを用意する

といったものを使ってマーケティングをしたほうが「バズ」を通じて広まる可能性があり、ROI的にお買い得ですよ、というストーリーです。

既に、コンテンツマーケティングに関する記事も、雨後の竹の子のように登場してきています。

なかには、「コンテンツマーケティングのリーディングカンパニー」と呼ばれちゃってる会社

とか、コンテンツマーケティング専門トピックのブログ

を立ち上げてしまった人もいるようです。なんだかここまでくると「コンテンツマーケティング」自体を「コンテンツマーケティング」されているような気になっていますけどね。

さて、ここから下は独自解釈です。正確な理解ではない可能性もありますので、参考までにご笑覧ください。

■コンテンツマーケティング=ネタマーケティング?

さて、このコンテンツマーケティング、日本語的に言えば「ネタ」を使った「ネタマーケティング」と言い換えられなくもなく、そう考えると別に新しい手法でもないようにも思えてしまいます。

ネタマーケティングが通用するニッチでは、受け手側がハイコンテキストでないといけない・・・平たく言えば消費者が「オタク」でないと広まらないので、逆に言えば最近世界中がFacebookやTwitterによりオタク化してしまっているということなのかもしれません。

(※実は2004年にも同じ名前の書籍が出ています。偶然の一致かと思いきや、わりと最近いわれているほうの「コンテンツマーケティング」と述べられている内容は相違なさそうな雰囲気です。しかし、8年前は「コンテンツ」と「マーケティング」を結びつけるなんて相当奇抜なことととらえられていたようです。)

振り返ってみれば従来のマスメディアに対しては、それは「パブリシティ(話題化)」ということばでくくられてきました。しかし、媒体がマスだけではなくなり、バズに乗ることによっても目的が達成されるのではないか、それがこの「コンテンツマーケティング」の仮説なのかもしれません。

■まじめなリリースを「ネタ」にしてしまったアイレップの社屋移転リリース

この「コンテンツマーケティング」の最もわかりやすい例は、アイレップさんの最近のリリースではないでしょうか。まず、下記の画像を見てください。

まるで映画のポスターのようなこのカヴァーではじまるページは、実は「社屋移転」の案内なのです。リリースを読み進めて行っても、徹頭徹尾ネタに徹しています。ただし、「溜池山王に社屋が移転する」というトピックは、繰り返し繰り返し説明され、しっかり見た人の頭に残る仕組みになっています(さすがに住所までは頭に残りませんが)。さらに、このようにネタ化することで、結果的にさまざまなネットメディアにも記事としてとりあげられています。

※ちなみにこのリリース、昨年のエイプリルフールに掲載された「株式会社アイレップ巨人の背に本社移転」のシリーズの続きだったりします。このときもコンテンツが重すぎてサイトがダウンしていた(表示されにくくなるなど)していたのですが、今回も特に対策はされていなかったのか、しっかりつながりにくくなっていました。あるいは、想定していた対策よりもはるかに大きなトラフィックを、ソーシャルメディア経由などで集めてしまった可能性もあるのかもしれません。

そして、よく考えてみると、エイプリルフールこそ、さまざまな会社が「ネタ」で自社や自社商品をマーケティングしようとする「コンテンツマーケティングフェスティバルデー」のようなものなのかもしれませんね。

■気持ちのやり場のない「コンテンツオンリーマーケティング」という奇妙な実例

さらに最近ですと、「マーケティングする対象不在でコンテツマーケティングに成功」している例とか出てきていて面白いです。言うなれば「コンテンツオンリーマーケティング」ということにでもなるのでしょうか?

例えば直近の例ですと、「イケてるしヤバい男 長島」シリーズは、なんの商品やゴールもないのに、ネタだけはやたらと広まり、観測してる限りではいずれも好意的な受け止められ方でした。

あえていえば、仕掛け元のイケてるしヤバい株式会社「バーグハンバーグバーグ」のプロモーションでなのかもしれません。実は前述の「アイレップ×巨人」シリーズも、同社のシゴトだったりするらしいです。もちろん、真意の程はわかりませんが。

ともかく、タレントを使うわけでもなく、なんの商品をプロモーションしているわけでもないのに、これだけの無作為の人に刺さり、六本木や渋谷に人を集めたというのは、コンテンツマーケティング、もといネタマーケティングの可能性を魅せつけた事例と言えるのかもしれません。

むしろ、誰も知らない人物で、何かの商品の宣伝があったわけでもなかったからこそここまで盛り上がったのかも知れません。もしこのような「コンテンツマーケティング」を標榜したいのであれば、もっととことんまで振りきれる必要があるのかもしれませんね。

■「コンテンツマーケティング」と共犯関係にあるのは勿論ソーシャルメディア

もちろん、この「コンテンツマーケティング」と共犯関係にあるのは、言うまでもなく「ソーシャルメディア」です。

ソーシャルメディアは時には検索の代わりになり、SEMの代わりになり、あるいは就活に役立つ、なんて言われることもありますが、所詮は「生活に関係ないどうでもいいこと」を共有するのに最適なツールです。上に上げた2つの例も、マスメディアやネットメディアで知るよりも早く、なんらかのソーシャルメディア経由で人づてで受け取られた方が多いのではないでしょうか?

そのような媒体の上で「なにかつたえたいこと」を流通するには、全てをネタ化するという戦略はやはり正しいのかも知れません。マスメディアでは、そんなふざけた展開をしたら、怒られてしまう「視聴者」の存在がありますので、メーターを振り切ったコンテンツというのは、いままでもこれからも生み出しにくい環境にあると思うのです。いっぽうネットやソーシャルメディアでは、公序良俗に反しない限りはだいたいなんでもありだからです。

最近facebokやTwitterでへんなシェアが回ってくる事が多いですが、それはそんな「コンテンツマーケティング」時代の到来を予言しているか、誰かがその実験をしているところのなのかも知れません。

■おまけのイケてるしヤバい男長島さん

最後に一枚、「イケペロ」をしてくれている長島さんの写真です(ハチ公前に来た時に許可を得て撮影させていただいたものです)。やっぱり相当な「振り切れ」を感じますねw

こんな表情していて、写真を撮る直前は「表情作るので待ってて下さいね」という前フリが入りました。なんと礼儀正しく料理された「ネタ」なのでしょう。

ほんとうにまったく、

「コンテンツってなんなんだろう」

ということを非常にに考えさせられる一件となりました。

「gigya」のmixi対応および日本語対応」についてプレスリリースを掲載しました

トーチライト神部です。

本日、下記の通りプレスリリースを掲載しましたので、ご案内いたします。

Gigyaに関するリリースは、今後共トーチライトサイトおよびブログなどでお伝えしてまいります。

Gigyaに関するお問い合わせは、下記よりお願いいたします。

「シェア」と「いいね!」両方設置する意味は?gigyaCEOに聞きました。

gigya_001

こんにちは、トーチライト川下です。

ソーシャルプラグインは、企業サイトに訪れたユーザーにソーシャルメディアで情報を共有してもらうためのツールです。よくたくさんの企業が複数のソーシャルメディアプラットフォームのプラグインを並べています。gigyaを導入することで、まとめて表示させることができます。いわゆる「まとめプラグイン」を提供しています。

gigya「Share」まとめボタンで「選ばせる」「楽に管理する」

下の図をみてください。これはgigyaのブログ記事ついている、ソーシャルプラグイン達です。いちばん左にあるボタン「Share」というのをクリックすると、いくつかのプラットフォームを選ぶことができるようになっています。こういったことで、記事をシェアするユーザーは好きなプラットフォームを選ぶことができます。emailなども表示することができます。またこのプラグイン達を管理画面で簡単にタグ生成をできるものgigyaの特徴です。

gigya blogの場合「Share」まとめプラグインのFacebookボタンは、シェアボタンを使っています。リンクと一緒にコメントがつけられるものです。

それに対して、左から2つ目には同じくFacebookの「Likeボタン」がありますね。日本語表示ですと「いいね!」になります。いいね!ボタンをおすと、押したユーザの数をサイト上に表示できるなどの利点があります。

シェアのされ方に違いがありますが、なぜgigyaではこのように自社の「Share」まとめボタンと一緒に普通のFabebookソーシャルプラグイン「Likeボタン」も置いているのでしょうか。その理由を聞いてみました。

ヒントは、記事をみるユーザーの心理

CEOのPatrickが話してくれたのはある例です。

自分の好きな野球チームが勝ったという記事に対して、あなたは「Like」を押すでしょう。逆に負けたときにLikeは押さない。でもだれかに悔しい思いを伝えたくて、その記事を投稿したいときは、コメント付きで「Shre」をおすよね!

なるほど!と思ってしまいました。プラグインの種類として、たくさんのプラットフォーム連携をしているgigyaですが、プラグインをただ置いておけばいいのではなく、ユーザーが押しやすいように作ってあげることも重要なんですね。米国ならではなのかもしれませんが、gigyaを活用してボタンの表示をまとめつつ、まだ使っていないボタンも貼ってみるというのもいいかもしれません。(ちなみにgigyaの「Share」まとめボタンでFacebookの2種類のプラグインを対応することも可能だそうです)

米国gigya社CEO来日講演!WEBのソーシャル化、3つのポイント

皆様

こんにちは、トーチライトの川下です。

トーチライトと提携していただいている米国gigya社のPatrik(CEO)とAmyが今週初来日!先日リリースして以来、トーチライトで検証・開発担当をしている2人は座るのも忘れて質問攻めでした。(下の写真)

また1/26にはトーチライト初の社外セミナーを開き、50名ほどの方々にご参加いただきました。会場が満席になったことで、Patrikも熱くgigyaサービスを語ることができました★

gigyaは「WEBサイトのソーシャル化を支援するサービス」ですが、具体的にはソーシャル化に必要なプラットフォームの連携部分をgigyaのSuperAPIを活用することで、一元的に管理することができます。

gigyaが注目されるポイントは?

ソーシャル化に必要なステップごとに用意されているツールたち

もちろん、gigyaがないとソーシャル化できないわけではありません。gigyaの得意分野はソーシャル化の過程にそって、ツールを提供している点です。ソーシャルプラグインだけ、ゲーミフィケーションだけなど一部のツールのみを提供している競合サービスはありますが一貫してソーシャルアカウントからゲーミフィケーションまでを網羅するサービスでおすすめなのが「gigya」です。gigyaは世界で500社に導入されています。特に多いのは「メディア」です。コンテンツをシェアすることでトラフィックを増やす施策として非常に重要視されています。例えばあるブログニュースサイトはソーシャル化をすることで有名なニュースサイトよりもサイトのトラフィックを上げることができていたり、事例がたっぷりあるわけです。

インフルエンサーに関するデータや、アクションデータの取得

gigyaのアナリティクス機能では、自社の会員データとつなぎこめる仕組みも持っています。そのため、トラフィックや滞在時間をユーザーのソーシャルデータと突き合わせてみることができます。これは昨年11月にgigyaからも発表がありましたが、gigyaで取得したデータを自社サイトのコンテンツ表示に活用したりすることができます。(ここは今度詳しく説明します)

煩雑な運用をなくしてくれる「一元管理」を実現

gigyaの管理画面では、プラグインのタグを一括生成してくれます。そのため、普段なら4つのソーシャルプラットフォームごとにタグを取得して並べる~といった作業が、非常に簡単にできます。セミナーでのデモも簡単な操作をご紹介しましたが、特に皆さん興味を示していただいてました。WEB担当者にとっては、制作・更新などの工数がかかる作業を削減できるポイントになっていくのだと思います。

2011年はソーシャルページを開設した企業もたくさんいましたが、2012年に入って既存のサイトに訪れる自社顧客のさらなる把握としてオウンドメディアのソーシャル化が話題になっています。gigyサービスを活用しトーチライトはさらなるソーシャルグラフマーケティングの支援をしてまいります。お問い合わせはこちらからお願いします。

簡単な紹介ですが、今後も継続してgigyaサービスをご紹介します。英語ですがご興味のある方はぜひgigya本サイトをご覧ください。セミナーご参加いただいた皆様ありがとうございます。

Gigya CEO来日!メンバーズ様『エンゲージメント・マーケティング』出版記念パーティにも出席します

gigya_002

トーチライト神部です。

あっという間に今月のこととなりましたが、昨年トーチライトからの日本向提供を発表いたしましたGigyaのCEOのPatrick Salyer氏がこのたび来日することとなりました。

それにあわせまして、2012年1月24日(火)  17:30-20:00にメンバーズ様主催で開催されます人数限定『エンゲージメント・マーケティング』出版記念パーティにもゲストとして登場いたします。詳細は下記のとおりです(六本木の豚組 しゃぶ庵にて開催!)

日時・場所など

日時
2012年1月24日(火)  17:30-20:00
開催場所
豚組 しゃぶ庵
東京都港区六本木7丁目5-11
交通手段
地下鉄日比谷線六本木駅 4a出口 徒歩5分
地下鉄千代田線乃木坂駅 3番出口 徒歩3分
都営大江戸線六本木駅 徒歩5分
参加料
5,000円(書籍代+飲食代)
当日、受付にてお支払いください。
定員
40名
対象
企業の広報・宣伝・マーケティング担当の方で、自社でFacebook活用を検討している方
※1社あたりのお申し込みは2名までとさせていただきます。
尚、お一人様ずつのお申込みをお願いいたします。
※代理店、同業者さまのご参加はお断りする場合がございます。
※お申込み多数の場合、抽選になることがございます。
主催
株式会社メンバーズ

スケジュール

17:00-17:30
開場・受付
第1部
17:30-18:30
良品計画様×ANA様×JCB様×ライオン様によるパネルディスカッション
Gigya CEO Patrick Salyer氏による特別プレゼン
第2部
18:30-20:00
会食

Gigyaとは

Gigya Gigyaは、ウェブサイトをソーシャル化するためのさまざまな機能を提供するソーシャル化支援ツールです。トリプルメディアにおいて連携が困難であったOwned MediaとEarned Mediaの連携を助け、ソーシャルメディア上での情報拡散やユーザーの循環を生み出すことができます。