代表取締役の異動に関するお知らせ

News Release

2019年6月25日

株式会社トーチライト

 

代表取締役の異動に関するお知らせ

 

当社は、2019年6月25日開催の取締役会において、下記のとおり、代表取締役の異動について決議いたしましたので、お知らせいたします。

1.  異動の理由

経営体制の一層の充実と更なる経営基盤の強化、企業価値の向上を目指すものです。

2. 新旧代表取締役の氏名および役職名

【新任】豊福 直紀:(とよふく なおき)

新・役職名:代表取締役社長
現・役職名:取締役

【退任】矢吹 岳史:(やぶき たけし)

現・役職名:代表取締役CEO

※代表取締役 矢吹岳史は、本年6月25日開催の第11回定時株主総会終結の時をもって、取締役を退任いたしました。

3. 新任代表取締役の氏名および略歴

氏  名: 豊福 直紀(とよふく なおき)
生年月日: 1969年5月28日生
略  歴: 1992年4月 株式会社博報堂入社
2000年10月 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社入社
e-ビジネス本部事業開発部長
2008年2月 同社 執行役員戦略統括本部副本部長
2011年4月 同社 執行役員メディア本部副本部長
2012年4月 同社 執行役員メディア本部長
2014年4月 同社 執行役員メディアサービス本部長
2016年4月 同社 執行役員CRO
2016年6月 同社 取締役執行役員CRO
2017年4月 同社 取締役執行役員(現任)
2017年6月 当社 取締役

以上

トーチライト、Facebook Marketing Partnersにおいて 新たにCreative Platformの認定を獲得!

News Release

2019年4月18日
株式会社トーチライト
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

トーチライト、Facebook Marketing Partnersにおいて
新たにCreative Platformの認定を獲得!
〜Ad Technology Partnerにつづきパートナー認定〜

このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:島田雅也、以下 DAC)のグループ会社である株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、 代表取締役CEO:矢吹 岳史、以下 トーチライト)は、米国Facebook社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Mark Zuckerberg、以下 Facebook社)より、Creative Platform Partner(以下CPP)に認定されましたのでお知らせいたします。

       

トーチライトは2015年10月にFacebook Marketing PartnersのAd Technology Partner(以下AdTech Partner)認定をFacebook・Instagramの両ソーシャルプラットフォームにおいて取得しておりましたが、このたびCPP部門においても、Facebook・Instagramともにパートナーとして認定されました。トーチライトはこれらの両部門に認定されている、数少ないFacebook Marketing Partnerの1社です。

今回取得いたしましたCPPは、トーチライトが開発・提供しているクリエイティブソリューション「Quick Video Powered by Sherpa」(以下Quick Video)に対して認定されたものです。「Quick Video」 は2018年6月にサービスを開始し、これまで多数の広告案件のクリエイティブ改善に携わっており、CTRの改善率1.45倍、CPA 30%改善などの成果をあげ、その実績が認められて認定に至ったと考えております。
トーチライトは、今後もAdTech PartnerおよびCreative Platform Partnerとして、広告効果改善の「Sherpa for Ads」と、クリエイティブによるマーケティング課題の解決には「Quick Video」 の開発・強化に取り組んでまいります。

 

Creative Platformについて

広告クリエイティブが写真から動画、広告表示デバイスがPCからモバイルと変革している昨今、Facebook・Instagram に代表される広告プラットフォームの特性に合わせたクリエイティブの対応も必要となってきています。そのような中、タイムリーに必要な広告クリエイティブを提供できるしくみとしてCreative Platformの需要が高まっています。Facebook社においてもこのような状況下、Creative Platformの重要性からCPPがFacebook Marketing Partnersの1カテゴリとして設定されています。

「Quick Video」について

現在Facebook・Instagramの広告配信おいて、プラットフォームの特性にあわせた動画クリエイティブを用意し、活用することが必要不可欠になってきております。しかしながらそれぞれのプロモーションに合わせた動画制作は期間や制作費用などが障壁となり、動画クリエイティブを用意できないことで、掲載期間中に柔軟な運用改善ができず、十分な広告効果を得られない状況がありました。「Quick Video」は、そのような広告主・広告会社の課題を解決すべく誕生した「広告クリエイティブ改善ソリューション」です。一から新たに動画クリエイティブを撮影・作成するのではなく、広告主が保有する既存の画像や動画素材を活用して各プラットフォームに最適化いたします。Instagram Storiesに代表される縦型動画への対応、 サイトへの誘導導線を強化するCTAボタン(Call to Actionボタン)の加工など、広告主の課題に合わせた9種類のメニューをそろえることにより、運用改善に不可欠なスピードを重視し、サービスの依頼から納品まで数営業日で対応できるのが特長です。さらにAdTech Partnerとして培った約4,000アカウント以上の広告実績からFacebook・Instagramの広告出稿に最適なフォーマットのご提案が可能です。

Facebook Marketing Partnersについて

「Facebook Marketing Partners」は、Facebookにおけるマーケティングで強みを持つ企業に対し、Facebook社が認定を行うパートナープログラムです。専門的な部門に分かれ、それぞれの部門において革新的、先進的な技術でマーケティング効果を実証した企業がパートナーとして選出され、Facebook社よりその部門に応じた認定バッジが授与されます。「Facebook Marketing Partners」に認定された企業は、パートナーディレクトリー( https://www.facebook.com/business/solutions-explorer/ )を通じて世界各国の企業とビジネスを展開することが可能となります。

以上

株式会社トーチライト

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役CEO 矢吹 岳史
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 20F
設立 2008年10月
事業内容 広告代理事業、広告運用事業、Sherpa事業

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

DACは、インターネット広告の黎明期にあたる1996年の設立以来、市場の形成に携わり、業界をリードしてきました。媒体社や広告会社などのパートナー企業に向けて、広告枠の仕入れ・販売、プランニング、レポーティングまでトータルに支援するメディアレップ、国内最大規模のトレーディングデスクによる広告運用、高い技術力を誇るソリューション開発など、デジタルマーケティングにおける広告を基点としたさまざまなサービスを提供しています。”Empowering the digital future” というブランドスローガンのもと、デジタル社会の未来に活力を与え、デジタルの更なる可能性を切り拓いていきます。

代表者 代表取締役社長CEO 島田 雅也
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー
設立 1996年12月
事業内容 メディアサービス事業、ソリューションサービス事業、オペレーションサービス事業

本件についてのお問い合わせ先

株式会社トーチライト 担当:高野、奥村 TEL:03-5447-7160
E-mail:info@torchlight.co.jp
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 戦略統括本部広報担当 TEL:03-5449-6320
E-mail:ir_inf@dac.co.jp

アプリプロモーション広告エキスパートがセミナーに登壇します

トーチライトのアプリプロモーション広告エキスパートが、メタップスリンクス社との共催セミナーにて登壇いたします。

 

これが本当のデータドリブンマーケティング!

広告運用における正しいデータ活用について完全攻略!

 

《セミナー概要》

近年スマートフォンユーザーの頭打ちや、アプリ市場の成長率の鈍化により、アプリの新規ユーザーを獲得することが大変難しくなっています。また大手デベロッパーによる大規模な予算投下により、オンライン広告からの新規獲得コストは年々上昇しております。少ない予算で効率的に自社アプリにおける優良ユーザーを獲得するためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

アプリの統合管理ツール『Metaps Analytics』や、蓄積したデータを元にアプリ事業の運用支援コンサルティングサービスを提供しているメタップスリンクス社と、メタップスの関連会社であり、ソーシャルメディア広告専門代理店のトーチライトと共催で、アプリのSNS広告に関するセミナーを開催いたします。

 

《セミナー内容》

・取得すべきデータの種類について

・新規獲得オンライン広告の正しい評価方法

・広告IDを使ったターゲティング配信について

・SNS広告の運用と今後の見通し

 

 

《このような方におすすめです》

・これからアプリのリリースを控えている

・アプリの新規ダウンロード数が伸び悩んでいる

・広告によるユーザー獲得コストが高騰してきている

・広告から獲得したユーザーの継続率やLTVを高めたい

・取得すべきデータが何かわからない

・取得したデータをどう活用していいかわからない

 

 

メタップスリンクス社からは、データ取得についての考え方や取得方法について、トーチライトからは、アプリプロモーション担当が登壇し、メタップスリンクス社が提供している計測ツール、メタップスアナリティクスから抽出できるデータを活用した効果的な広告配信の方法と事例をご紹介させていただきます。

 

アプリプロモーションをおこなっていく上での、SDKとの連携の大切さや、データの切り出し方など、基本的な部分ではありつつも、KPIによって視点は様々なため、意外と課題に感じられている方も多いテーマではないでしょうか。

 

 

セミナー終了後には、懇親会を予定しておりますので、広告配信に関するお悩みなどございましたら、お気軽にお声掛けくださいませ。

 

ご来場を心よりお待ち申し上げております。

 

 

《開催概要》

日時:2018年10月3日(水)19:00〜21:00(18:30開場)

場所:株式会社トーチライト セミナールーム

住所:東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー20階

費用:無料

主催:株式会社メタップスリンクス/株式会社トーチライト

 

《申し込み》

以下の申し込みサイトのいずれかからお申込みをお願いいたします

https://metaps-links-seminar.connpass.com/event/100634/

https://metaps-links5.peatix.com/

※既定数に達した場合、抽選となります。

 

 

株式会社メタップスリンクスについて
アプリの広告計測からユーザー行動の可視化、ユーザーデータの資産化、貯めたユーザーデータを活用してユーザー行動に合わせたアプリ内マーケティングを行える分析ツール『Metaps Analytics』をはじめ、貯まったデータを元にアプリ事業の戦略立案から企画、運用支援のコンサルティングサービスを提供しています。

 

Metaps Analyticsとは

ユーザーの行動分析からデータ資産化を実施し、その後のマーケティング施策や収益化、内部施策などをワンストップで提供するアプリの総合管理ツールです。

マーケティング支援、データのコンサルティングを通じて得たナレッジやノウハウを時代に合わせた機能としてアップデートしていく予定です。

 

———-

本件についてのお問い合わせ先

株式会社トーチライト マーケティング担当 TEL:03-5447-7160
E-mail:info@torchlight.co.jp
株式会社メタップスリンクス プラットフォーム戦略部
E-mail:biz@metaps-links.com

 

Facebook Business、日産自動車様の事例『きめ細やかなターゲティングで潜在顧客にアプローチ』においてSherpaの効果が紹介

2017年5月25日
株式会社トーチライト

Facebook Business、日産自動車様の事例『きめ細やかなターゲティングで潜在顧客にアプローチ』においてSherpaの効果が紹介

~動画制作から広告配信へのリードタイム短縮に貢献~

このたび、Facebook社が成功事例などを紹介するページ、Facebook Businessにおいて、日産自動車様の新車に対するFacebook広告の事例が紹介されております。そのなかで、弊社運用管理ツール『Sherpa』について触れられておりますので、ご案内させていただきます。

同記事において、日産自動車様が新型セレナに対する興味・関心の促進のためにFacebook広告を活用し、オーディエンス一人ひとりに最適なメッセージを届けることができたために、認知から購入にいたるまで、大きな成功を収めたことが紹介されております。この『一人ひとりに最適なメッセージ』を届けるために、オーディエンスの性別や趣味、さらには広告の配信時間などを加味し、それぞれに訴求する新型セレナの魅力 USP (Unique selling proposition) を決定した上で、動画クリエイティブを合計1,700種類以上用意し、配信いたしました。この膨大な動画クリエイティブの入稿、および動画ごとのターゲティング設定などの配信設定を効率的に行なうため、弊社『Sherpa』の【バルク入稿機能※1】をご活用いただき、広告の配信がされました。この記事ではその広告配信までのリードタイム短縮に『Sherpa』が貢献できたことが、以下のような広告効果ともに紹介されております。

• 広告認知が25ポイント向上

• 購入意向が4ポイント向上

• 全USPの認知が有意に向上し、全体で17ポイント向上

• 最も好きな自動車ブランドとしての好意度が5ポイント向上

実際に行われた広告手法、効果・結果などの詳細については以下のFacebook Businessのページで詳しく紹介されておりますので、ぜひ御覧ください。

Facebook Business『きめ細やかなターゲティングで潜在顧客にアプローチ』

1 『Sherpa』のバルク入稿機能について

クリエイティブの一括入稿およびクリエイティブそれぞれに対する、ターゲティング・予算・入札・スケジュールなどの一括設定作業を、設定の指示ExcelファイルをSherpaへ登録することで、一度に大量のキャンペーン・広告セット・広告の作成を実現し、業務効率を改善する機能。

以上

会社概要

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役CEO 矢吹 岳史
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー34F
設立 2008年10月
事業内容 GIGYA事業、広告代理事業、広告運用事業、Sherpa事業

トーチライト、フィード広告管理プラットフォーム「Sherpa for Feed」において「カスタムバッジ機能」を開発

News Release

2017年4月6日
株式会社トーチライト
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

トーチライト、フィード広告管理プラットフォーム「Sherpa for Feed」において「カスタムバッジ機能」を開発

〜アイレップ「Marketia Feed Manager」連携に機能強化、Facebookダイナミック広告のセール商品訴求促進〜

このたび、トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:矢吹岳史、以下 トーチライト)および、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:島田雅也、以下 DAC)は、トーチライトが開発・提供しているフィード広告管理プラットフォーム「Sherpa for Feed」において、広告主企業がFacebookダイナミック広告への出稿の際、セール商品を積極的に訴求できる「カスタムバッジ機能」を開発いたしました。

今回開発いたしました「カスタムバッジ機能」は、フィード広告管理プラットフォーム「Sherpa for Feed」におけるFacebookフィード広告向け独自機能です。アイレップ社のデータフィード最適化システム「Marketia Feed Manager」とFacebookのダイナミック広告を「Sherpa for Feed」で連携させ、さらに「カスタムバッジ機能」によりセール商品訴求を強化することにより、商品点数の多いECサイト、ツアーサイトなどでよりスムーズにフィード広告の展開、セール商品の訴求が可能となります。またご要望に応じて「送料無料」や「新築」などの訴求に対応させていただくことも可能で、これによりECサイトのみならずパッケージツアー、不動産などの訴求にも寄与することを期待しています。さらに、先日Facebook社より発表になった新しい広告フォーマット「コレクション」にも対応できることから、最大50商品が並ぶ中、バッジが付くことでセール商品を明確化でき、サイト利用者にもわかりやすい商品提示が可能となります。

広告主企業が保有する商品フィードにおいて、セール商品に対し、「50% OFF」などのテキストメッセージを含むバッジを製品毎に動的に追加します。これにより、広告主企業は自ら個々の製品画像を加工することなくセール情報を製品画像に付加した広告を配信することができます。バッジの色や形状は複数のバリエーションの中から選択することができます。本機能を活用することにより、広告主企業は広告パフォーマンスの向上、およびクリエイティブ制作のコスト削減が見込まれます。

20170406_creative_002

バッジイメージ

20170406_creative_003

投稿広告イメージ

「Sherpa for Feed」とは?

トーチライト社のフィード広告管理プラットフォームです。株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以降アイレップ)の商品フィード最適化システム「Marketia Feed Manager1」ともシステム連携をしており、指定する商品に対して購買欲求が高いユーザーを元に、趣向が似ているユーザーをサイト未訪問者層から抽出し、Facebook広告の配信対象とする「プロスペクティング配信機能」の提供もしています。

1 企業からの商品情報データ提供により、データフィードと呼ばれる各種商品データを、自動的に各媒体の広告規定フォーマットに最適化して生成します。

DACおよびトーチライトは、今後も企業のソーシャルメディアマーケティングを支援してまいります。

以  上

会社概要

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役CEO 矢吹 岳史
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー34F
設立 2008年10月
事業内容 GIGYA事業、広告代理事業、広告運用事業、Sherpa事業
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
代表者 代表取締役社長COO 島田 雅也
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
設立 1996年12月
事業内容 メディアサービス事業、ソリューションサービス事業、オペレーションサービス事業
DACは、D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社の100%子会社です。
株式会社アイレップ
irep
代表者 代表取締役社長CEO 紺野俊介
本社所在地 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
設立 1997年11月
事業内容 広告代理事業、ソリューション事業、ツール事業、デジタルメディア事業など
アイレップは、D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社の100%子会社です。

本件についての問合せ先

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
担当 戦略統括本部広報担当
TEL 03-5449-6320
e-mail ir_inf@dac.co.jp
株式会社トーチライト
担当 マーケティング担当
TEL 03-5447-7160
e-mail info@torchlight.co.jp

Sherpa for Twitter ツイートインサイト機能(β版)を提供開始

Sherpa for Twitter ツイートインサイト機能(β版)を提供開始

〜指定キーワードを含むツイートの盛り上がりを簡単に確認することが可能〜

このたび、株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:矢吹 岳史、以下 トーチライト)が開発するソーシャルメディア広告配信プラットフォーム「Sherpa(シェルパ)」のTwitter広告配信機能である「Sherpa for Twitter」において、ツイートインサイト機能(β版)をリリース致しました。
今回の機能により、Twitterが保持する全量ツイートを対象に、指定したキーワードがつぶやかれたツイートのボリュームを確認することができ、キーワードの盛り上がりを簡単に可視化することが出来るようになりました。現在のところ、直近1週間の期間で、表示オプションとしては日別、時間別で見ることが可能です。

想定される利用シーン:
・ ある広告主はキャンペーンの前後で訴求対象に関連するキーワードのバズ効果を確認することが可能
・ プロモツイートキャンペーンを開始する際、キーワードターゲティングの検討時に、「バズ」が発生しているキーワードを確認することが可能

下記のキャプチャーは4/22(金)に話題になった「ピンクムーン」、「こと座流星群」といったキーワードの時間別表示です。
同様に、広告の使用例として、例えばある広告主様はハロウィンやスポーツイベントを特化したキャンペーンを実施したい場合「バズ」が発生しているキーワードを確認してからキーワードターゲティングを設定すれば、パフォーマンスに寄与する可能性もあります。
また、広告の配信を開始してから、自社ブランドまたは商品に関わるキーワードがつぶやかれているかどうかの確認も可能です。

20160426_002

尚、本機能利用についてはβ版のため、順次広告主様にご案内をさせて頂きます。
トーチライトは、今後も企業のソーシャルメディアマーケティングを支援してまいります。

以  上

<会社概要>

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役CEO 矢吹 岳史
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー34F
設立 2008年10月
事業内容 Sherpa事業、GIGYA事業、広告代理事業、広告運用事業
本件についてのお問い合わせ先
株式会社トーチライト
TEL: 03-5447-7160 e-mail: info@torchlight.co.jp

オフィス移転のお知らせ

このたび、株式会社トーチライトは2015年6月8日より下記に移転いたしました。
新事務所は恵比寿ガーデンプレイスタワーの34階になります。
お近くへお越しの際には、ぜひお立ち寄りくださいませ。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

新住所

〒150-6034
東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号
恵比寿ガーデンプレイスタワー34階

電話 / FAX

電話:03-5447-7160 / FAX:03-5447-7161
※電話番号・FAX番号も変更となっております。

 

広告運用支援ツール「Sherpa」、Facebookカルーセル広告のCTAボタンに対応いたしました。

カルーセル広告(旧マルチプロダクト広告)は、PCでもモバイルでも、1つの広告ユニットで3つ~最大10の製品情報または画像を紹介することができる広告で、そのパフォーマンスの高さは過去にご紹介している通りです。

マルチプロダクト広告事例→

今回、弊社が開発する広告運用支援ツール「Sherpa」で、そのカルーセル広告の画像1つ1つにCTAボタン(Call to Actionボタン)が設定出来るようになりました。

 

 

Kawaii ハンドメイド商品を探すなら「Show by Show buy」!!

Posted by 株式会社トーチライト(Torchlight Inc.) on 2015年6月3日

 

 

このCTAボタンを設置することにより、各素材の訴求内容が強化されることはもちろんのこと、広告ターゲットとなったユーザのアクションをより促す効果が期待出来ます。
尚、ご利用頂けるのは現在(2015/6/4現在)のところAPI経由でのみ利用可能となっており、Sherpaをご利用頂いている広告主様、パートナー様に本機能を無償でご提供させていただきます。
また、Sherpaでは最大10素材(※)まで設定が可能であり、広告効果によって素材の表示を自動最適化致します。

(※)Facebook Power Editorでは最大5素材

今後もSherpaをご利用頂いている皆様に価値あるサービスを提供出来るよう邁進してまいります。

 

「Facebookでモバイルアプリプロモーション」ホワイトペーパーを公開しました。

Facebook広告運用ツール「Sherpa」、Facebookマルチプロダクト広告の「クリエイティブ最適化機能」に対応

〜設定した複数のクリエイティブを動的にローテーションし、最適化配信〜

Facebook、マルチプロダクト広告に「クリエイティブ最適化機能」を追加

Facebook社は2015年2月7日、マルチプロダクト広告の効果を更に強化するため、新たに「クリエイティブ最適化機能」を追加したことを発表しました。

今までのマルチプロダクト広告

これまでマルチプロダクト広告で広告主が画像と各リンク先を3〜5つ使用して、画像の表示順を決めてから配信を行っていました。

設定出来る素材数が最大10。そのなかから効果が高い画像、表示順を最適化する

今回発表された新機能は、画像をそれぞれ10個まで設定でき、画像をローテーションして配信しながらその中で最もパフォーマンスの良い画像5個とその順番を動的に改善していきます。

マルチプロダクト広告で設定した画像とリンク:

info_20150212_01

 

今回の変更によるポイント:

  • より多くの商品を訴求することが可能となり、サイト誘導、コンバージョンUPが見込まれるだけでなく、自動的に効果の良いクリエイティブの組み合わせが配信されていくため、より効果的な広告配信が期待出来ます。
  • ECサイトでリターゲティングオーディエンスなどのカスタムオーディエンスと組み合わせて配信することも可能なため、より多くの商品画像を検証し、顧客の好みを把握することも可能です。

トーチライトが提供するFacebook広告運用ツール「Sherpa」でもご利用可能となりますので随時ご案内させていただきます。
Sherpaについて詳しくはこちら

 

 

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役CEO 矢吹岳史
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー34F
設立 2008年10月
事業内容 広告代理事業、広告運用事業、Sherpa事業、GIGYA事業

 

本件についてのお問い合わせ先

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

担当: 戦略統括本部広報担当
TEL: 03-5449-6300  e-mail: ir_inf@dac.co.jp

株式会社トーチライト

担当: 三原
TEL: 03-5447-7160  e-mail: info@torchlight.co.jp

 

 

GIGYAに関するお問い合わせはこちら