トーチライト、広告クリエイティブソリューション 『Quick Video Powered by Sherpa』をタイへ展開

News Release

2020年9月16日

株式会社トーチライト
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

 

 

トーチライト、動画広告クリエイティブソリューション
『Quick Video Powered by Sherpa』をタイへ展開
~グループ拠点と連携し、広告クリエイティブの多言語対応を推進~

 

このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)のグループ会社である株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:熊田聡、以下 トーチライト)は、トーチライトが提供する広告クリエイティブソリューション「Quick Video Powered by Sherpa(以下 Quick Video)」(※1)のタイへの展開を開始いたします。

スマートフォンの利用者が多いソーシャルメディアのプロモーションにおいて、画面の大半を占めるクリエイティブによる訴求はとても重要です。「Quick Video」はソーシャルメディア広告をより魅力的で訴求力のあるクリエイティブへ改善するソリューションです。CTA(Call to Action)ボタンの追加や、静止画から動画へのコンバートなど、より最適化したクリエイティブを提供するための改善スピードが求められるソーシャルメディアマーケティング・プロモーションのクリエイティブ制作業務を支援します。

「Quick Video」は2018年6月の提供開始以来、150社を超える広告主に採用され、その半数以上が1年以上継続利用しています。このような実績により、トーチライトは2019年4月に米国Facebook社よりCreative Platform Partnerに認定されています。

 

このたび、「Quick Video」の海外展開の第一弾として、DACのグループ会社であるI-DAC (BANGKOK) Co., Ltd. (以下I-DAC (BANGKOK))を通じてタイ国内ユーザー向けの広告配信に対応する「Quick Video for Instagram」の提供を開始します。タイ国内でのInstagramの利用度はアジアの中でも高く(※2)、広告出稿の需要も高まっています。DACとトーチライトは、I-DAC (BANGKOK)と連携し、「Quick Video」によって蓄積したクリエイティブに関するノウハウを共有することで、迅速かつタイ国内ユーザーに対して訴求力の高いクリエイティブ制作サービスを現地で展開し、広告運用の改善に取り組みます。

更に今後はクリエイティブの多言語対応を強化し、タイやアジア各国のユーザーに配信を検討している日本企業の海外プロモーションにおいても「Quick Video」を活用できるよう、国内外グループ会社と連携してクリエイティブ対応体制を整えていきます。

DACとトーチライトは、今回のタイへの展開を皮切りに、ソーシャルプロモーションが盛んな東南アジア諸国に対して、「Quick Video」をはじめとした付加価値の高いサービス提供により、広告主企業の課題解決に取り組んでまいります。

(※1)2019年4月18日リリース 『トーチライト、Facebook Marketing Partnersにおいて新たにCreative Platformの認定を獲得』 https://www.dac.co.jp/press/2019/20190418_cpp(※2)出典:台湾・タイの主要SNSはFacebookとInstagramで8割超。Instagramの広告は不快感が少ない?【アウンコンサルティング調べ】 https://webtan.impress.co.jp/n/2019/01/08/31487

以上

 

株式会社トーチライト  https://www.torchlight.co.jp/

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役社長 熊田 聡
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 33F
設立 2008年10月
事業内容 アドソリューション 事業、アカウントソリューション事業、コンテンツソリューション事業

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社  https://www.dac.co.jp/

DACは、インターネット広告の黎明期にあたる1996年にメディアレップとして設立されて以来、市場の形成と業界の成長を牽引し、情報や生活のデジタル化とともに事業を拡大、発展させてきました。現在は、デジタルマーケティングにおける広告を基点としたさまざまなサービスを国内外で展開しています。

媒体社と広告会社などのパートナーとして双方に向けたシームレスなサービスを提供。広告枠の仕入れ・販売、コンサルテーションからプランニング、運用、結果の解析までをトータルに支援する広告取引関連サービス、メディアの特性を活かしたクリエイティブ制作、豊富なデータと高度なテクノロジーを掛け合わせたソリューション開発・提供や、グローバルなプロモーション支援などを行っています。

Empowering the digital future” というブランドスローガンのもと、これからのマーケティングのあり方を追求し、新たな事業を生むイノベーションの創出をリードしていきます。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
代表者 代表取締役社長CEO 島田 雅也
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー
設立 1996年12月
事業内容 メディアサービス事業、ソリューションサービス事業、オペレーションサービス事業

 

【本件についてのお問い合わせ先】

株式会社トーチライト

「Quick Video」問い合わせ窓口 TEL:03-5447-7160  E-mail:client_partner@torchlight.co.jp

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

戦略統括本部広報担当  E-mail:ir_inf@dac.co.jp

 

代表取締役の異動に関するお知らせ

News Release

2020年4月1日

株式会社トーチライト

 

代表取締役の異動に関するお知らせ

 

 当社は、2020 年 3 月 27 日開催の取締役会において、下記のとおり、代表取締役の異動について決議いたしましたので、お知らせいたします。 

1.  異動の理由

経営体制の一層の充実と更なる経営基盤の強化、企業価値の向上を目指すものです。

2. 新旧代表取締役の氏名および役職名

【新任】熊田 聡:(くまだ さとし) 

新・役職名:代表取締役社長

旧・役職名:取締役 

【退任】豊福 直紀:(とよふく なおき)

新・役職名:取締役

旧・役職名:代表取締役社長

3. 新任代表取締役の氏名および略歴

氏  名: 熊田 聡(くまだ さとし) 
生年月日: 1984 年 7 月 22 日生
略  歴: 2008年4月 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社入社
2016年4月 メディアサービス本部 メディアセールス局 第三メディア部 マネージャー
2019年4月 メディアソリューション本部 シニアマネージャー
2019年6月 当社取締役
2020年4月 当社代表取締役(現任)

以上

トーチライト、LINEが法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する 「LINE Biz Partner Program」の 「Sales Partner」の広告部門において「Basic」を受賞

News Release

2020年2月27日
株式会社トーチライト

トーチライト、LINEが法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する

「LINE Biz Partner Program」の

「Sales Partner」の広告部門において「Basic」を受賞

〜 昨年の受賞に続き2期連続で認定 〜

このたび、株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:豊福直紀、以下 トーチライト)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下 LINE)が提供する各種法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する「LINE Biz Partner Program」において、「Sales Partner」の「広告部門」で「Basic」に認定されましたのでお知らせいたします。


「LINE Biz Partner Program」は、LINEが提供する各種法人向けサービスの拡販および機能追加・改善をより積極的に推進することを目的に導入された、「Sales Partner」、「Technology Partner(*)」、「Planning Partner(*)」の各カテゴリーにおいて、広告代理店やサービスデベロッパーを認定・表彰するプログラムです。

「Sales Partner」および「Technology Partner」の、「コミュニケーション部門」、「広告部門」、「販促・OMO部門」の3部門と、「Planning Partner」において認定が行われます。

*「Technology Partner」の「広告部門」、「販促・OMO部門」および「Planning Partner」は今回のPartner Awardの表彰対象には含まれません

このたびトーチライトが認定された「Sales Partner」の「広告部門」は、運用型広告「LINE広告」を対象とし、半年ごとの累計売上実績などを基準に、「Diamond」「Gold」「Silver」「Bronze」「Basic」「Best SMB Partner」として認定されます。認定パートナー各社には、そのランクに基づき、営業サポート、LINEのメディアでの紹介やLINE主催イベントへの招待などの特典が付与されます。

 

トーチライトは「Technology Partner」における「広告部門」の「Ad Tech Partner」として、広告テクノロジーを活用した広告配信・広告運用を行うツール「Sherpa for Ads」の開発・提供に加え、2期連続(*)で「Sales Partner」の「広告部門」において「Basic」認定を受け、今後もさらにテクノロジー面、ビジネス面でLINEの広告事業の発展と活性化により邁進してまいります。

* トーチライト、LINEが法人向けサービスの販売・開発パートナーを認定する「LINE Biz-Solutions Partner Program」の「LINE Ads Platform」部門において、「Sales Partner」の「Basic」を受賞

以上


■「LINE Biz Partner Program」とは

「LINE Biz Partner Program」は、LINEが提供する各種法人向けサービスの拡販および機能追加・改善をより積極的に推進することを目的に導入された、「Sales Partner」、「Technology Partner(*)」、「Planning Partner(*)」の各プロダクトにおいて、広告代理店やサービスデベロッパーを認定・表彰するプログラムです。

「Sales Partner」および「Technology Partner」の、「コミュニケーション部門」、「広告部門」、「販促・OMO部門」の3部門と、「Planning Partner」において認定が行われます。

*「Technology Partner」の「広告部門」、「販促・OMO部門」および「Planning Partner」は今回のPartner Awardの表彰対象には含まれません

 

< LINE Biz Partner Program概要 >

「Sales Partner」

■広告部門

運用型広告「LINE広告」を対象とし、半年ごとの累計売上実績などを基準に、「Diamond」「Gold」「Silver」「Bronze」「Basic」「Best SMB Partner」として認定されます。認定パートナー各社には、そのランクに基づき、営業サポート、LINEのメディアでの紹介やLINE主催イベントへの招待などの特典が付与されます。 

「Technology Partner」 

■広告部門 ※今回のPartner Awardの表彰対象には含まれません。

-Ad Tech Partner

運用型広告「LINE広告」を対象とし、認定希望社からの申請に基づき、API経由の売上実績や効果改善事例や実装機能内容などを基準に認定されます。認定パートナー各社には、そのランクに基づき、APIのアカウント数の制限緩和やβ機能(試用機能)の提供、プロダクト開発サポートなどの特典が付与されます。 

株式会社トーチライト

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役社長 豊福 直紀
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 33F
設立 2008年10月
事業内容 広告代理事業、広告運用事業、Sherpa事業

本件についてのお問い合わせ先

株式会社トーチライト 担当:Partner Alliance室 TEL:03-5447-7160
E-mail:partner_alliance@torchlight.co.jp

トーチライト、LINEが法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する 「LINE Biz-Solutions Partner Program」の 「LINE Ads Platform」部門において、 「Sales Partner」の「Basic」を受賞

News Release

2019年8月27日
株式会社トーチライト

トーチライト、LINEが法人向けサービスの販売・開発パートナーを認定する
「LINE Biz-Solutions Partner Program」の
「LINE Ads Platform」部門において、「Sales Partner」の「Basic」を受賞
〜「LINE Ads Platform」における「Ad Tech Partner」に続く認定取得〜 

このたび、株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:豊福直紀、以下 トーチライト)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下 LINE)が提供する各種法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する「LINE Biz-Solutions Partner Program」の「LINE Ads Platform」部門において、「Sales Partner」の「Basic」に認定されましたのでお知らせいたします。

「LINE Biz-Solutions Partner Program」は、LINEが提供する各種法人向けサービスの拡販および機能追加・改善をより積極的に推進することを目的に導入された、「LINE Account Connect」、「LINE Ads Platform」、「LINE Sales Promotion」の各プロダクトにおいて、広告代理店やサービスデベロッパーを認定・表彰するプログラムです。

「LINE Account Connect」部門は「Sales Partner」「Technology Partner」「特別賞」「Planning Partner」*の4カテゴリーにおいて、「LINE Ads Platform」部門は「Sales Partner」「Technology Partner」の2カテゴリーにおいて、「LINE Sales Promotion」部門は「Sales Partner」の1カテゴリーにおいて、認定が行われます。
 *「Planning Partner」は今回のパートナーアワードの認定対象には含まれません

このたびトーチライトが認定された「LINE Ads Platform」部門は「Sales Partner」カテゴリーは、運用型広告「LINE Ads Platform」を対象とし、半年ごとの累計売上実績などを基準に、「Diamond」「Gold」「Silver」「Bronze」「Basic」「Best SMB Partner」として認定されます。認定パートナー各社には、そのランクに基づき、新プロダクトの優先案内や営業サポート、LINEのメディアでの紹介やLINE主催イベントへの招待などの特典が付与されます。

トーチライトはこれまで「LINE Ads Platform」における「Ad Tech Partner」として、広告テクノロジーを活用した広告配信・広告運用を行うツール「Sherpa for Ads」を開発・提供してまいりました。このたびの「LINE Ads Platform」部門における「Sales Partner」の「Basic」認定を受け、今後はテクノロジー面での協業に加え、ビジネス面でもLINEの広告事業の発展と活性化に貢献してまいります。

以上

株式会社トーチライト

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役社長 豊福 直紀
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 20F
設立 2008年10月
事業内容 広告代理事業、広告運用事業、Sherpa事業

本件についてのお問い合わせ先

株式会社トーチライト 担当:Partner Alliance室 TEL:03-5447-7160
E-mail:partner_alliance@torchlight.co.jp

代表取締役の異動に関するお知らせ

News Release

2019年6月25日

株式会社トーチライト

 

代表取締役の異動に関するお知らせ

 

当社は、2019年6月25日開催の取締役会において、下記のとおり、代表取締役の異動について決議いたしましたので、お知らせいたします。

1.  異動の理由

経営体制の一層の充実と更なる経営基盤の強化、企業価値の向上を目指すものです。

2. 新旧代表取締役の氏名および役職名

【新任】豊福 直紀:(とよふく なおき)

新・役職名:代表取締役社長
現・役職名:取締役

【退任】矢吹 岳史:(やぶき たけし)

現・役職名:代表取締役CEO

※代表取締役 矢吹岳史は、本年6月25日開催の第11回定時株主総会終結の時をもって、取締役を退任いたしました。

3. 新任代表取締役の氏名および略歴

氏  名: 豊福 直紀(とよふく なおき)
生年月日: 1969年5月28日生
略  歴: 1992年4月 株式会社博報堂入社
2000年10月 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社入社
e-ビジネス本部事業開発部長
2008年2月 同社 執行役員戦略統括本部副本部長
2011年4月 同社 執行役員メディア本部副本部長
2012年4月 同社 執行役員メディア本部長
2014年4月 同社 執行役員メディアサービス本部長
2016年4月 同社 執行役員CRO
2016年6月 同社 取締役執行役員CRO
2017年4月 同社 取締役執行役員(現任)
2017年6月 当社 取締役

以上

トーチライト、Facebook Marketing Partnersにおいて 新たにCreative Platformの認定を獲得!

News Release

2019年4月18日
株式会社トーチライト
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

トーチライト、Facebook Marketing Partnersにおいて
新たにCreative Platformの認定を獲得!
〜Ad Technology Partnerにつづきパートナー認定〜

このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:島田雅也、以下 DAC)のグループ会社である株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、 代表取締役CEO:矢吹 岳史、以下 トーチライト)は、米国Facebook社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Mark Zuckerberg、以下 Facebook社)より、Creative Platform Partner(以下CPP)に認定されましたのでお知らせいたします。

       

トーチライトは2015年10月にFacebook Marketing PartnersのAd Technology Partner(以下AdTech Partner)認定をFacebook・Instagramの両ソーシャルプラットフォームにおいて取得しておりましたが、このたびCPP部門においても、Facebook・Instagramともにパートナーとして認定されました。トーチライトはこれらの両部門に認定されている、数少ないFacebook Marketing Partnerの1社です。

今回取得いたしましたCPPは、トーチライトが開発・提供しているクリエイティブソリューション「Quick Video Powered by Sherpa」(以下Quick Video)に対して認定されたものです。「Quick Video」 は2018年6月にサービスを開始し、これまで多数の広告案件のクリエイティブ改善に携わっており、CTRの改善率1.45倍、CPA 30%改善などの成果をあげ、その実績が認められて認定に至ったと考えております。
トーチライトは、今後もAdTech PartnerおよびCreative Platform Partnerとして、広告効果改善の「Sherpa for Ads」と、クリエイティブによるマーケティング課題の解決には「Quick Video」 の開発・強化に取り組んでまいります。

 

Creative Platformについて

広告クリエイティブが写真から動画、広告表示デバイスがPCからモバイルと変革している昨今、Facebook・Instagram に代表される広告プラットフォームの特性に合わせたクリエイティブの対応も必要となってきています。そのような中、タイムリーに必要な広告クリエイティブを提供できるしくみとしてCreative Platformの需要が高まっています。Facebook社においてもこのような状況下、Creative Platformの重要性からCPPがFacebook Marketing Partnersの1カテゴリとして設定されています。

「Quick Video」について

現在Facebook・Instagramの広告配信おいて、プラットフォームの特性にあわせた動画クリエイティブを用意し、活用することが必要不可欠になってきております。しかしながらそれぞれのプロモーションに合わせた動画制作は期間や制作費用などが障壁となり、動画クリエイティブを用意できないことで、掲載期間中に柔軟な運用改善ができず、十分な広告効果を得られない状況がありました。「Quick Video」は、そのような広告主・広告会社の課題を解決すべく誕生した「広告クリエイティブ改善ソリューション」です。一から新たに動画クリエイティブを撮影・作成するのではなく、広告主が保有する既存の画像や動画素材を活用して各プラットフォームに最適化いたします。Instagram Storiesに代表される縦型動画への対応、 サイトへの誘導導線を強化するCTAボタン(Call to Actionボタン)の加工など、広告主の課題に合わせた9種類のメニューをそろえることにより、運用改善に不可欠なスピードを重視し、サービスの依頼から納品まで数営業日で対応できるのが特長です。さらにAdTech Partnerとして培った約4,000アカウント以上の広告実績からFacebook・Instagramの広告出稿に最適なフォーマットのご提案が可能です。

Facebook Marketing Partnersについて

「Facebook Marketing Partners」は、Facebookにおけるマーケティングで強みを持つ企業に対し、Facebook社が認定を行うパートナープログラムです。専門的な部門に分かれ、それぞれの部門において革新的、先進的な技術でマーケティング効果を実証した企業がパートナーとして選出され、Facebook社よりその部門に応じた認定バッジが授与されます。「Facebook Marketing Partners」に認定された企業は、パートナーディレクトリー( https://www.facebook.com/business/solutions-explorer/ )を通じて世界各国の企業とビジネスを展開することが可能となります。

以上

株式会社トーチライト

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役CEO 矢吹 岳史
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 20F
設立 2008年10月
事業内容 広告代理事業、広告運用事業、Sherpa事業

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

DACは、インターネット広告の黎明期にあたる1996年の設立以来、市場の形成に携わり、業界をリードしてきました。媒体社や広告会社などのパートナー企業に向けて、広告枠の仕入れ・販売、プランニング、レポーティングまでトータルに支援するメディアレップ、国内最大規模のトレーディングデスクによる広告運用、高い技術力を誇るソリューション開発など、デジタルマーケティングにおける広告を基点としたさまざまなサービスを提供しています。”Empowering the digital future” というブランドスローガンのもと、デジタル社会の未来に活力を与え、デジタルの更なる可能性を切り拓いていきます。

代表者 代表取締役社長CEO 島田 雅也
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー
設立 1996年12月
事業内容 メディアサービス事業、ソリューションサービス事業、オペレーションサービス事業

本件についてのお問い合わせ先

株式会社トーチライト 担当:高野、奥村 TEL:03-5447-7160
E-mail:info@torchlight.co.jp
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 戦略統括本部広報担当 TEL:03-5449-6320
E-mail:ir_inf@dac.co.jp

トーチライト、Facebookの自動車業界向けインベントリー広告の配信を実施

News Release

2019年4月2日

株式会社トーチライト

 

トーチライト、Facebookの自動車業界向けインベントリー広告の配信を実施

このたび、株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:矢吹岳史、以下 トーチライト)は、米国Facebook社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Mark Zuckerberg、以下 Facebook社)が自動車業界向けに提供している自動車業界向けインベントリー広告(英名:Automotive Inventory Ads、以降AIA)のフィードデータ生成を自社のフィードマネージメントシステム『Sherpa for feed』での対応を完了し、アジアでAIAを初めて実施した1社として、複数の広告主様の自動車広告を配信したことをご案内いたします。

 

AIAについて
AIAは以前Dynamic Ads for Autoとよばれ、主に自動車在庫情報をデータフィードに用いて、ダイナミック広告を配信するものです。ダイナミック広告ではデータフィードを活用した動的な広告配信で、広告配信アルゴリズムの学習を効率・最適化させることが重要となります。Facebook社では自動車・不動産といった業界別のダイナミック広告に対応することで、Facebook社の保有する膨大なデータを業界固有の特性に合わせて最大限に活用した配信が可能になります。

トーチライトの取り組み
トーチライトはこの広告フォーマットをβテストの段階から取り組みをはじめ、昨年から今年にかけて複数社の広告主様とともにAIAでの自動車広告の配信に取り組んでおります。AIAは、自動車業界に特化したフォーマット・配信を行っているため、一般的なダイナミック広告と比較して高いCTRを生み出しております。またAIAのデータフィードは、車体番号、販売店の緯度経度など業界に特化したフィードになっており、トーチライトではその自動車インベントリ情報に合わせたデータフィードを『Sherpa for feed』で対応して、AIAの配信を行っています。
トーチライトではこれからも国内外の自動車販売の広告主様に向けて、積極的にAIAに取り組んでまいります。

以上

 

株式会社トーチライト

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役CEO 矢吹 岳史
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー20F
設立 2008年10月
事業内容 広告代理事業、広告運用事業、Sherpa事業

本件についてのお問い合わせ先

株式会社トーチライト マーケティング担当 TEL:03-5447-7160
E-mail:info@torchlight.co.jp

Instagramストーリーズ広告における『インタラクティブなアンケート』機能を提供開始

News Release

2019年3月19日

株式会社トーチライト

Instagramにおける『インタラクティブなアンケート』機能を提供開始

このたび、株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:矢吹岳史、以下 トーチライト)は、米国Facebook社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Mark Zuckerberg、以下 Facebook社)がβテストとして提供をしている、Instagramストーリーズ広告の『インタラクティブなアンケート』機能の取り扱いを開始いたしました。

この広告フォーマットは、従来のInstagramストーリーズ広告内の画像または動画に、意見を求めるスタンプをオーバラップさせて、表示されたユーザーに回答をうながすものです。この機能により、Instagramストーリーズで商品に対する意見を求めたり、アンケートを促すことで、よりインタラクティブな広告を配信できるようになります。広告主企業においては製品・サービスに対するユーザーの意見・意向を得られ、自社のマーケティングに活用することが期待できます。弊社では自社および数社の広告主様と本機能を用いた広告の配信をすでに実施しており、広告のリーチ数に対して5-6%の反応があることを確認しております。広告主の皆様へこの新しいフォーマットの提供を開始いたします。今後この『インタラクティブなアンケート』機能で広告主様の新たなビジネス展開に寄与できるものと存じます。

本広告フォーマットは、3月末ころFacebook社より正式公開予定です。なお、公開時期は変更となる可能性がございます。

以上

株式会社トーチライト

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役CEO 矢吹 岳史
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー20F
設立 2008年10月
事業内容 GIGYA事業、広告代理事業、広告運用事業、Sherpa事業

本件についてのお問い合わせ先

株式会社トーチライト マーケティング担当 TEL:03-5447-7160
E-mail:info@torchlight.co.jp

トーチライト、フィード広告管理プラットフォーム「Sherpa for Feed」においてLINE Ads Platformの「LINE Dynamic Ads」に対応

News Release

2018年11月29日
株式会社トーチライト
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

トーチライト、フィード広告管理プラットフォーム「Sherpa for Feed」においてLINE Ads Platformの「LINE Dynamic Ads」に対応

このたび、株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:矢吹岳史、以下 トーチライト)およびデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)は、トーチライトのデータフィード制作・管理プラットフォーム「Sherpa for Feed」において、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛、以下 LINE)の運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」*1でこのたび提供を開始した「LINE Dynamic Ads」へ対応いたします。

広告主企業は「Sherpa for Feed」を利用することで、「LINE Ads Platform」上で展開する広告において、独自機能の利用や広告の最適化、およびデータフィードの効率的な運用が可能になります。

LINE Ads Platform 「LINE Dynamic Ads」について

このたびLINEが提供開始した「LINE Dynamic Ads」は、アパレルEC、不動産、旅行、人材などの商品販売や情報案内ページにおいて設置されたタグ「LINE Tag」を介し、サイトに訪問したユーザーが閲覧した商品・情報などの行動履歴をデータとして蓄積し、その行動履歴をもとに、データフィードと呼ばれるサイトに掲載されている商品・情報のデータから最適なクリエイティブを自動生成し、ユーザーごとにパーソナライズされたリターゲティング広告をLINEのフィード上で配信する広告です。

 

「Sherpa for Feed」について

「Sherpa for Feed」はトーチライトが開発・提供する、データフィード制作・管理プラットフォームです。データフィード広告の設定をはじめ、フィードデータの商品に対して購買欲求が高いユーザーを元に、趣味嗜好が似ているユーザーをサイト未訪問者層から抽出・ターゲットとして広告を配信する「プロスペクティング配信機能」やフィードデータの商品ごとに広告で訴求したいポイント(「50% Off」、「Sale!」など)をバッジとして付加する「カスタムバッジ機能」など、フィード広告に特化した機能も提供しています。
* 企業からの商品情報データ提供により、データフィードと呼ばれる各種商品データを、自動的に各媒体の広告規定フォーマットに最適化して生成します。

Sherpa for Feedによるデータフィード制作

 

トーチライトは、2018年5月にLINEの運用型広告「LINE Ads Platform」において初の「Ad Tech Partner」に認定されています。広告主企業は「Sherpa」を利用することにより、「LINE Ads Platform」上で展開する広告において、独自機能の利用や広告の最適化、および効率的な運用が可能です。*2
トーチライトおよびDACは今後も、「Sherpa」を通じ、広告主企業や広告会社の広告運用の効果改善および運用効率改善の支援に積極的に取り組んでまいります。

*1)「LINE Ads Platform」は、LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォームです。
*2) 2018年5月8日『トーチライト、LINEの運用型広告「LINE Ads Platform」において初の「Ad Tech Partner」に認定
https://www.torchlight.co.jp/news/press_20180508.html

以上

株式会社トーチライト / https://www.torchlight.co.jp/

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役CEO 矢吹 岳史
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 20F
設立 2008年10月
事業内容 広告代理事業、広告運用事業、Sherpa事業

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

DACは、インターネット広告の黎明期にあたる1996年の設立以来、市場の形成に携わり、業界をリードしてきました。媒体社や広告会社などのパートナー企業に向けて、広告枠の仕入れ・販売、プランニング、レポーティングまでトータルに支援するメディアレップ、国内最大規模のトレーディングデスクによる広告運用、高い技術力を誇るソリューション開発など、デジタルマーケティングにおける広告を基点としたさまざまなサービスを提供しています。”Empowering the digital future” というブランドスローガンのもと、デジタル社会の未来に活力を与え、デジタルの更なる可能性を切り拓いていきます。

代表者 代表取締役社長CEO 島田 雅也
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー
設立 1996年12月
事業内容 メディアサービス事業、ソリューションサービス事業、オペレーションサービス事業

本件についてのお問い合わせ先

株式会社トーチライト Sherpa推進室 TEL:03-5447-7160
E-mail:promo_sherpa@torchlight.co.jp
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 戦略統括本部広報担当 TEL:03-5449-6320
E-mail:ir_inf@dac.co.jp

広告の不正利用対策とアプリマーケティングの指標について

News Release

2018年7月31日

株式会社トーチライト

広告の不正利用対策とアプリマーケティングの指標について

このたび、株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:矢吹岳史、以下 トーチライト)は、モバイルアプリ広告の総合分析ツール「Metaps Analytics (*1)」にてモバイルアプリ広告のトラッキング機能を提供している株式会社メタップスリンクス(本社:東京都港区、代表取締役:高木 誠司、以下メタップスリンクス)および、アドフラウド対策ツールの「SpiderAF (*2)」を提供する株式会社Phybbit(フィビット)(本社:東京都港区、代表取締役社長:大月 聡子、以下Phybbit)とともに、それぞれの視点からアドフラウドに関わる調査を以下の通り共同で行いました。

調査内容

このたびの3社での調査・分析は以下のような視点でおこないました。

  • アドフラウドの現状
      • 日本にけるアドフラウドの現状について説明。決して国内のみでおこなわれているわけではない、現状について言及。

    海外からの国内アドフラウド攻撃 (Phybbit調べ)

  • アドフラウドの定義
    • 昨今のアドフラウドはさまざまな手法やアプローチが出まわっており、その種類やそれぞれの手法について解説。以下の7種類のアドフラウドについて説明。
      • クリックスパム
      • クリックスタッフィング
      • アドスタッキング
      • クリックインジェクション
      • SDKスプーフィング
      • フェイクインストール
      • インストールファーム
  • 各社のアドフラウド対策
    • アドネットワーク、トラッキングツールおよび広告代理店それぞれの視点から見たアドフラウド対策について解説。
  • アドフラウドに対する最近の傾向と調査結果
    • Metaps Analyticsのデータを分析して見出された最近の傾向と詳細な調査結果を掲載。
  • 対策の考え方および今後について
    • それまでの調査結果をふまえて、それらへの対策の考え方や今後の方向性への示唆について言及。

*1【Metaps Analyticsとは】
ユーザーの行動分析からデータ資産化を実施し、その後のマーケティング施策や収益化、内部施策などをワンストップで提供する総合管理ツールです。
マーケティング支援、データのコンサルティングを通じて得たナレッジやノウハウを時代に合わせた機能としてアップデートしていく予定です。

*2【SpiderAFについて】
SpiderAFは、誰でも簡単にアドフラウド対策を行えるよう、自動化・非属人化に特化した、AI搭載アドフラウド対策ツールです。アドネットワーク事業者様をはじめ、代理店様、広告主様まで広くご利用頂けるツールを目指します。
ブラックリストを一緒にシェアし、業界の健全化をお手伝いいただけるアドネットワーク様を募集しております。

URL:https://spideraf.com/

以  上

詳細の調査結果

詳細な調査結果は資料としてまとめました。以下よりダウンロードをお願いいたします。

株式会社トーチライト

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役CEO 矢吹 岳史
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー20F
設立 2008年10月
事業内容 GIGYA事業、広告代理事業、広告運用事業、Sherpa事業

株式会社メタップスリンクス

株式会社メタップスよりマーケティング事業の継承を受け平成28年12月1日に発足しました。
Metaps Analyticsを中心に様々なプロダクトを開発しデータを軸にしたスマートフォンビジネスのサポートを行っているメタップスグループの中核企業です。
当社では蓄積したデータを元にアプリの失敗の要因を最大限抑止し、アプリを成功に導くコンサルティングができる会社を目指して参ります。データを軸としたアプリ運用のコンサルティングを強みとし、新しい手法でアプリ発展のご提案をさせていただきます。

代表者 代表取締役 高木 誠司
本社所在地 東京都港区三田1-4-1住友不動産麻布十番ビル3階
設立 2016年12月
事業内容 アプリ収益化プラットフォーム事業におけるマーケティング事業

株式会社Phybbit

Phybbit(フィビット)は、アドフラウド対策ツール、SpiderAFの開発と提供を行っている会社です。日々進化するアドフラウドに対し、データサイエンティストのコンサル支援も行っております。
運用担当者の手を煩わせることなく、精度の高いアドフラウド対策を皆様にご提供できるよう、研究を続けてまいります。

代表者 代表取締役社長 大月 聡子
本社所在地 東京都港区 南青山7-10-7 Barbizon39 6階
設立 2011年4月
事業内容 – AIアドフラウドツール「SpiderAF」 の企画・開発・運営・販売
– ビジネス自動・効率化ツール「Mojaco Framework」の開発・販売
– データサイエンスコンサルティング

本件についてのお問い合わせ先

株式会社トーチライト マーケティング担当 TEL:03-5447-7160
E-mail:info@torchlight.co.jp
株式会社メタップスリンクス プラットフォーム戦略部
E-mail:biz@metaps-links.com